年代別の転職活動

20代で転職することのメリットとデメリットとは?30代との違いを把握しておこう!

更新日:

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。

ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。

20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、躊躇することなくスムーズに転職することができるはずです。

 

こんな風に、転職の年齢制限が気になっている人もいるはず。

 

今回は、20代での転職のメリットとデメリットについてまとめるとともに、転職活動において注意しておくべきことについて詳しく見ていきます。

 

 

スポンサーリンク

20代での転職の大きなメリット

20代の転職で一番比較されるのは、30代と比べたときにどう違うのかです。

20代と言っても22歳から25歳までの新卒から2、3年経過したあたりと、30歳が近づく20代後半の年齢でもかなり違ってきます。

大きなくくり見ると20代。ある意味20代は、いくらでもつぶしがきく年代と言えるんです。

 

しかし、これが30代になるとガラっと認識が違ってきます

特に採用する側としては、30歳というラインで判断する企業も少なくありません。そういった意味で有利な20代のメリットについてみていきましょう。

 

 

30代に比べてこれからいくらでも成長できる期間がある

20代ということであればまだまだフレッシュな社会人。

社会に出てから10年程経とうとしている30代比べれば、まだまだ成長する時間が残されています。30代ともなれば、これまで働いてきた中で自分なりに努力してきた結果がある程度出てしまっている状態。

ここからさらにもう一踏ん張りして上を目指せる人はかなり少ない。

 

それに比べて20代なら30代で転職する人よりも伸び代が残っている。本人としてもまだ上を目指すための努力ができる人が多い。そんな成長度合いのメリットは大きなものなんですね。

採用する企業としても、今の段階で能力が低かったとしてもこれから教育していくことができる若さは評価できるポイントになります。同じところで働き続けて凝り固まった考え方をしている30代よりも、教育しがいのある20代の方が採用したいでしょう。

30代の人を採用する時に、これから勉強してくれるんだろうかと不安なリスクを抱えるよりも、20代の方が嬉しいんです。

成長性という面で20代には大きなメリットがあるということですね。

 

 

同年代もそこまで力を発揮しきれていない

転職先の企業に新卒から勤めている同年代の20代も、まだ働き始めて数年しか経っていない段階。

自分の仕事能力が低かったとしても、比較対象の同年代の社員もまだそこまで能力を発揮しきれていないです。

転職した後に数年経てば30代になるわけですが、そこで求められる能力は人を管理していく能力。そこまでに信頼関係を築き上げて、うまく会社に馴染んでおけばその同僚たちを追い抜くことも可能です。

つまり転職によってキャリアアップを狙いやすいメリットが20代にはあるということです。

 

転職となるとどうしてもマイナス思考で捉えがちですが、逆に年収を上げてやるくらいのポジティブな気持ちだと転職活動も楽しくなってきますよ。

同年代だって優秀な人材ばかりじゃありません。誰しも迷いながら仕事をしていたり、やる気のないままダラダラ仕事をしている人も多い。そんな中で転職について考えている時点で、一歩前に前進しているんです。仕事や働くこと、将来のことについてもしっかりと考えている人は強い。

20代ならまだまだスタートダッシュの範囲内です。今から頑張り始めれば十分間に合いますよ。

 

自分に合う転職先を効率よく見つけたいならこの方法がおすすめ!

転職先を本気で探したい人におすすめのエージェント

・DODA - ⇒転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。
・リクルートエージェント - 業界最大級の非公開求人数!転職支援実績は累計41万1,000名以上。⇒【リクルートエージェント】
・マイナビジョブ20's - 20代第二新卒専門の転職におすすめ!⇒20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

 

新卒に比べてゼロから育てるコストがかからない

20代の前半での転職ということであれば、最低限の新卒が学ぶ社会人の知識はクリアしているので、一から教育するコストがかからないところも大きなメリットの1つですね。

最近は社会の問題としても取り上げられていますが、研修期間中に辞めてしまう新卒社員も増えているようです。

会社経営を知らない人は会社に合わなくて辞めてしまった社員ばかりを可哀想に思うかもしれませんが、新卒を採用するのもかなりコストがかかるんです。新卒採用はこれから長く働いて会社に還元してもらうことを想定しての先行投資でもあります。採用にも人件費などの諸々の費用もかかります。

 

そういった中で、社会人としての最低限のマナーを身に着けたばかりのフレッシュな人材の時点で採用できるのも、大きなメリットの1つです。

 

 

第二新卒として転職活動を行える可能性がある

新卒採用で入社した場合や学校を卒業してから就業経験がない人で、卒業から2~3年にあたる人は、第二新卒という扱いになります。

第二新卒とは、様々な理由によって会社を短期間で退職することになった人材のこと。

その人材に問題があったわけでなく、単純に会社とのマッチングが合わなかっただけであれば、優秀な人材が眠っている可能性は大いにある。中小企業は大企業に問わず、どの会社も第二新卒も大きな狙い目となっています。

 

もし転職活動を行う上で、第二新卒として活動できるのであれば大きなメリットです。

そういった意味では今の会社に限界を感じていて、この先不安しかない状態であれば、無理に続けることなく出来るだけ早く転職した方が良いと言えるでしょう。第二新卒の期間を逃してしまうと、通常の転職活動の区分に分類されます。

他のライバルたちもいるので、少し難易度が上がると思っておいた方が良いでしょう。転職できないわけではないですが、第二新卒であるほうが有利な面は大きいでしょう。20代であれば特にそうです。

勤続年数を重ねた人であれば、転職活動でしっかりとその事を伝えれば問題なく内定を取ることはできるので、焦らなくても大丈夫です。

第二新卒におすすめの転職エージェント6選【2018版】

 

 

 

20代の転職でのデメリット

20代で転職することのデメリットについても確認しておきましょう。

何が自分にとってデメリットになっているのか?

もしかすると全くデメリットがないのかもしれません。なんとなく考えないようにしていたからデメリットがあると思っていたのであれば、ただの思い違いだったということです。

それならすんなり転職の道を選ぶことができるはずです。

 

会社からの評価のリセット

これまで働いてきてそれなりに会社からどんな人材であるか評価をされているはずです。転職するとその評価がゼロになるということ。また一から再スタートすることになります。

 

ただし、評価するのは自分ではなく会社側です。これまで正しく自分のことを評価していたかどうかは疑問ですよね。新しい会社だと本当の自分をしっかりと評価してくるかもしれません。

評価のリセットはデメリットだけではありません。もし今の会社でかなり高評価を得ているのであれば、転職による評価のリセットはデメリットになりますが、高評価であれば転職を考える事はないんじゃないでしょうか?

もともとあってないような評価であれば、評価のリセットはむしろメリットと言えるかもしれませんね

 

勤続年数の少なさ

20代での転職となると、短ければ2~3年で仕事辞めることになります。もっと短いかもしれませんね。

最初の仕事は最低3年は続けろと言われることがありますが、勤続年数の少なさについてはデメリットになる場合があります。会社によっては全く気にしない会社もありますが、勤続年数の短さで書類選考が通らない可能性もあります。

 

しかしそんな書類だけの足切りをする会社は、もともとは条件が厳しい大企業か、極端に頭の固い人たちがいる会社です。むしろそこでそちらから断ってくれるのであれば有り難いと考えるべきです。

短い勤続年数でも面接採用までこぎつけることができる会社であれば、そこで働く人も柔軟な頭の持ち主でしょう。

 

またすぐに辞めると思われる

会社に入社してからすぐに会社を退職することになった人材。採用する会社から見れば、一番気になることはまた辞めるんじゃないかということです。採用の面接の場では必ず聞かれる内容でしょう。

 

会社を辞めることになった原因をしっかりと自分で把握しておいて、その原因が次の会社では起きないことをしっかりと説明できる必要があります。もともと自分に問題がなかったのであれば、その問題は起きないでしょう。

ただし、伝え方次第では無責任な人間と思われかねません。重要なのは仕事に対して前向きに取り組むということ。気分が乗らなかったり、あやふやな理由が原因で会社を辞めたのではないということを伝えるということです。

 

同期がいなくなる

新卒採用で入社した場合、同じ時期に入った同期が複数人いる職場も多いでしょう。そういった会社に入社することができていたのであれば、転職によってその同期と別れることになります。

 

同期の存在というのは、苦しい時にはありがたい存在。同じような悩みを相談できたり、仕事の苦しい時に助けを求めやすい存在。もし同期で仲が良くて助け合っていた間柄であれば、デメリットと言えるでしょう。転職において同期入社するパターンは少ないですよね。

大きな企業で大規模に中途採用を募集している場合は、同期となる他の社員がいるかもしれませんが、転職の場合は年齢が離れているケースもあるので、歳の近い気軽に話せる人とは巡り会えないかもしれませんね。

 

その会社固有の知識が役に立たなくなる

会社によっては、独自のシステムや知識でしか仕事が成り立たないようにしている会社もあります。その会社を辞めれば、これまでその会社で身につけたスキルや知識が、他の会社では全く役に立たないということになります。

ですが、他の会社に移ってから必要ないのであれば、今後元の会社に戻ることがなければどうせ意味がなくなるものです。転職するのであれば不要になるものにこだわっても仕方がないですよね。

これまで自分が努力した結果がなくなってしまうようで少し寂しいですが、良い思い出としてたまに思い出すくらいで良いでしょう。

 

新しい会社に入ってもそういった会社特有のことを学ばないと仕事にならないかもしれません。そのことに関してはデメリットになってしまうかもしれません。

でも仕事をする上で新しいことを学び続けるのは、ある意味仕方がないこと。そこは転職することのメリットと比較しても微々たるものではないでしょうか。

 

ブラック企業入社してしまう

はじめに新卒採用で入社した会社はそれなりの大きな会社だとします。

でも訳あって退職することになったとして、次に選んだ会社も同じような優良な会社とは限りません。2つ目の会社でブラック企業に入社してしまう人もいるんです。

 

短い期間で転職を何度も重ねることは経歴上も良くない。そのためブラック企業で苦しみながら働くことになる。

これも気をつけたいデメリットの1つです。できるだけ情報を集めて、危険な会社には入社しないようにしておくべきです。

ブラック企業で働きつづけても意味はない!今すぐ退職すべき理由とは?

 

転職先を本気で探したい人におすすめのエージェント

・DODA - ⇒転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。
・リクルートエージェント - 業界最大級の非公開求人数!転職支援実績は累計41万1,000名以上。⇒【リクルートエージェント】
・マイナビジョブ20's - 20代第二新卒専門の転職におすすめ!⇒20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

 

転職するときに気をつけたいこと

20代のメリットについては理解できたとしても、いざ転職するときに気をつけておきたいことはあります。転職できたとしても無理な転職をしてしまっては、またそこから転職する必要が出てきます。

そうならないためにしっかりと転職の注意するべきポイントを押さえておきましょう。

 

しっかりとした転職理由を語れる必要はある

まずは転職理由をしっかりと再確認しておきましょう。人によって転職の理由は違いますが、面接では必ず聞かれる質問です。面接時に曖昧な回答をすれば内定は出ません。

ただし、難しく考える必要はありません。かなりのキャリアアップを目指して、求められる能力がかなり高いような企業を目指すのであれば話は別ですが、同じ業界でそこまでレベルが変わらない企業であれば、後は考え方次第です。

 

採用する側が一番心配していることは、「この人を採用して問題が起きないかどうか」です。

問題というのは、すぐに辞めてしまったり、今働いている人の仕事に悪影響が出ないかどうか。つまり問題を起こさずに最低限の仕事をしてくれるかどうかが心配なんです。

年代別の転職理由まとめ!仕事を変えるべきタイミングとは?

 

面接まで行くということは採用したい人材ということ

採用するということは人手が足りていなかったり、これから業績を拡大していく人材を確保したいということ。もちろん能力が高いに越したことはないですが、そんな人は広く応募を募集しているところからは滅多に採用できないことも分かっています。

ということは逆に考えれば、最低限今いる社員と同じように働いてくれれば問題ないということです。

 

そう言った事が頭の中にある状態で、面接相手が話す内容が、

  • 「前の職場で上司が嫌だった」
  • 「仕事の内容が面白くなかった」
  • 「自分に合わない会社だった」

というような曖昧な回答してしまうと、採用できないですよね。

 

自分の会社でも同じような事が起こってしまいそうなら、別の人を採用するはずです。

仮に、転職理由が上記のようなものだったとしても、前向きな考え方で転職しようと考えたと相手に伝わるようしなければ内定は出ません

  • 上司が嫌だったのであれば、自分なりにどういう風に接しようとしたのか?
  • 仕事の内容がどう面白くなかったのか?
  • なぜ転職先の会社の仕事が面白そうに感じたのか?
  • どういった仕事なら楽しく仕事できるのか?
  • 自分に合う会社とはどんなものか?
  • 自分から合わせたり変えていく意識は持っているのか?

詳しい内容はその人によって違うと思いますが、こういった内容を掘り下げておくのは今後の転職後の仕事をしていく上でも大切なことです。

もう一度転職しようと思ったことについてしっかりと考えておきましょう。

 

面接が苦手な人が変えるべき考え方とは!?

 

空白期間はできるだけ作らないこと

転職に慣れ始めると、退職してから次の会社で働き始めるまでの空白期間を設けても大丈夫と考えてしまう人もいます。

初めての転職の場合は、次の仕事に就けるか不安もあるので、すぐに行動を起こして転職活動を始めるのでそこまで期間を空けずに次の仕事を始める場合が多いです。

でも1度転職に成功すると、仕事を辞めてから次の仕事を始めるまでの流れを経験しているので、少しくらい休んでも大丈夫と思ってしまうんですね。

 

会社から離れて1人になると誰も自分を管理してくれなくなります。自分の状況をしっかりと自身で確認して行動を決める必要が出てくるんです。

自分のこととなると多くの人は甘く考えがち。そんなこともあって、一度休んでしまうとずるずる休み続けてしまうんです。

また動き出すために必要な力は思っているより大変なものです。一度止まってしまうとなかなか動き出せない。採用する会社としても、職務経歴書にある空白期間は気になる部分です。面接においても不利になってしまう空白期間は、しっかりと計画して取るようにしないとリスクになることは注意しておきましょう。

怠けた自分を叩き起こすのは、なかなか大変なんです。

 

転職活動は転職エージェントを利用した方が効率が良い

いざ転職を始めようと思っても、書類作成、面接準備、求人の探し方など準備しておくことはあります。

もちろん自分でやっても良いんですが、そこは時間をかけるところじゃないです。何千何万と送り出してきた転職エージェントのプロなら、自分でやるより質の高いものを提示してくれます。

 

それが転職エージェントを利用するメリット。最終的には、自分で判断するので、エージェントが提示したものを断っても良いんです。

断ってしまうとエージェントへの印象も悪くなると考える人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。転職エージェントの内容にもはっきりとそう記載されています。何もしない人に比べれば、登録して求人だけを見てみようとしている段階で一歩前進している人。意識の高い人としてむしろ歓迎されます。

エージェントとしては全く動けない人にもなんとか動いてもらおうと頑張っているくらいなので、転職意識の高い人はそれだけで有り難く、サポートしたい存在なんです。エージェントを利用しないとたどり着けない非公開求人などもメリットの1つ。どうせ選ぶなら選択肢が多い方が良いのは言うまでもないですよね。

 

転職は誰しも不安なもの。仕事をしながらだと、しんどさから途中で諦めてしまいそうになります。

でもこれまで転職をサポートして成功させてきたエージェントの話を聞けば、転職して良かった経験者の話を聞いてモチベーションも上がります。

 

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-年代別の転職活動

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.