フリーター・ニート

25歳のフリーターが正社員になるため方法とは?

更新日:

浪人することなく4年制の大学に入った人が、そのまま留年することなく卒業したとすると、年齢としては22歳でしょう。

そのまま流れるように会社に入社する人もいます。

でも、大学時代にやっていたアルバイトを続けながらフリーターをしていた人。もしくは一度会社に入社したけれど、退職して今はフリーターをやっている人。

ストレートにサラリーマンとして働いていない人でも、20代の前半はまだまだ若い世代です。

 

ただしここから数年経てば、20代後半に突入する25歳になります。

25歳になると、一気に焦りを感じるものですよ。

今回は、25歳のフリーターから正社員になるには、どうすれば良いのか詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

25歳でフリーターという引け目を感じるな!

どこか浮かない顔をしている若者

 

まず、フリーターの人に言いたいのが、引け目を感じるなということです。

別に25歳でフリーターでもいいんですよ。周りに何を言われようが気にしないこと。

なぜなら、その引け目が就職活動にも出てしまうからです。

 

周りの同年代の社会人を考えると、会社に入社してから3年目ということになります。そろそろ仕事を任せてもらえる時期で、これからどんどん成長してキャリアアップを重ねていく段階。

それに比べて自分は確実に遅れをとっている。

これは確かに事実かもしれません。でも今さらどうしようもないこと。

重要なのは、これからどうしていきたいのか?その展望をしっかり持つこと。

 

 

25歳でも正社員の求人は存在する

25歳まで全く働いたことがない人は、正社員への道が限りなく限定されていると思っていますか?

確かにいきなり大手の大企業は難しいでしょう。

誰もが知っているほど大きい会社の場合、新卒でなければ正社員として就職活動を成功させる事は難しい。

しかし、それは世の中にある会社のごく一部にすぎません。

 

働いている姿を映し出すメディアにはそういった会社ばかりが映し出されますが、数で言えば中小企業の方が圧倒的に多いんです。

仮に就職活動をするとして、求人リストを見たとします。

そこには見ただけで躊躇してしまうような、大手の求人情報ばかりが目に映るかもしれません。

でもそこで勘違いしないでほしいんです。

 

求人情報を載せているサイトとしては、できるだけ知名度の高い会社をリストの上に出して訪問者に見せたい。

つまり探し方に問題があるということです。

確かにフリーターから正社員というのは一般的ではないかもしれない。でもそこを対象にした求人も確かに存在しているんです。

だからこそ間違った探し方をしないように正しいアプローチの方法をとるべきなんです。

 

中小企業の求人の狙うべきポイントとは?

中小企業の場合、採用にかけることができるコストもそこまで大きくないです。

少しでも会社のお金を有効に使うためには、数年に一度だけ、将来性のある人材を新卒で雇いたい場合に、大手の就職活動の求人情報にお金をかけて掲載する。

それ以外はもっとコストの安いところで、中途採用や未経験の募集をかけています。

 

25歳のフリーターから正社員としての採用を目指すのであればそこを狙うべきです。

 

リクナビやマイナビといったサイトには、会社によほどお金が余っていない限り掲載できないんです。かといって、ハローワークに求人情報を載せると、大量のブラック企業の影に隠れてしまう。

ハローワークにも掲載しているかもしれませんが、あくまで保険的な意味合いでメインの求人は別にあるんです。

 

未経験からの就職活動に必要なこと

未経験からの就職活動で一番やってはいけないことは、そのマイナスのイメージを引きずることです。特に面接の場面で、ネガティブな印象を与えてしまうと内定をとることは難しいでしょう。

 

これまで働かなかった理由が、なんとなく働きなかったという理由だとしても良いんです。それを経験した上で今どう思っているかが重要。

働かない期間を数年過ごしていて、働くことの重要性に気づかされたのであれば貴重な経験の1つです。何も考えずにただ周りに流されて就職してだらだらと働いている人であれば、頑張り次第ですぐに追い抜くこともできます。

結局仕事は本人のやる気次第です。

 

採用する会社としても、あなたの経歴を事前に見て社会人として、未経験であることを理解した上で面接しているわけです。未経験は問答無用で採用しないのであれば、そもそも面接にコストはかけません。採用する側もそこまで暇ではありません。

貴重な時間を割いているということは、チャンスは確実にあるはずです。

 

ただしせっかくの面接の場面で、あなたの人間像が後ろ向きな考え方の人であれば、採用したくても採用することは難しいでしょう。

未経験ということはこれからの将来的な成長性を見込まれている。今の時点で仕事の能力がなくても関係ないということです。

 

未経験のフリーターの正社員を募集している会社の探し方

未経験から正社員の就職を探すのであれば、未経験者歓迎の求人に対してアプローチすべきです。

転職支援サービスのプロによる無料相談を受けることで、細かい疑問や悩みを気軽に質問することもできます。

ここではおすすめの転職支援サービスについてご紹介しておきます。

 

第二新卒エージェントneo(18歳~28歳が対象)

第二新卒エージェントneo

出典:https://www.daini-agent.jp/

 

既卒、第二新卒、大学中退、フリーター、未経験の方を対象にした就職・転職支援サービスが第二新卒エージェントneoです。

エージェントneoは完全無料で利用可能

転職活動の手段を少しでも増やしておくべきですよ。

  • ブラック企業を除外した求人情報
  • 未経験の職種への就職・転職でも担当者が書類添削サポート
  • 企業担当による面談対策

他にも、通常の転職サイトを利用するよりメリットが大きい点があります。

ただし、対象年齢が18歳~28歳となっているので、年齢対象外の方は別の転職サービスを利用しましょう。

 



【第二新卒エージェントneo】

 

ハタラクティブ


ハタラクティブ


レバレジーズが運営する第二新卒・既卒・フリーター特化型転職サイト。未経験業界の転職支援の実績は40,000人以上。

年中無休で24時間サポート受付しています。

 

求人サイトに掲載されない非公開の求人リストを掲載

未経験OKの求人も多数存在していて、未経験OKの求人だけで1000件以上も。

実際に会社まで直接訪問して精査した企業なので、求人票から見えない情報もしっかりと把握できます。

独自のカウンセリングによって自己分析をすることで、自分に合った業界や職種を把握することで、やりたい仕事が見えるようになり、転職後のマッチングを高めています。

 

未経験業界でも内定率が高い

能力に合わせた業界選びによって採用確率を高めるアプローチを重要視。

会社に合わせた面接対策の重要性を認識しているので、後輩のためのフィードバックをもらいさらなる内定率をあげる取り組みが特徴です。

業界ごとに特色を分析して、将来性や成長が期待できる会社かどうか見据えた上での仕事を選択。

そうして重ねてきたこれまでのカウンセリングの実績は40,000人以上にも及びます。

 

フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】



 

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-フリーター・ニート

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.