派遣社員・契約社員

25歳で派遣社員から正社員になるための方法とは?

更新日:

20代の半ばという若い年代でも、派遣社員として働いている人はいます。正社員になりたくてもなれなかった人や、なんとなく派遣社員になってしまった人もいると思います。

ただ、派遣社員として働いてみて不満に思っていることも多いんじゃないでしょうか?20代後半に差し掛かるにあたって、自分には正社員になることはできないと諦めていませんか?

 

派遣社員として不安定な生活を送るよりも、正社員として働くことを目指せば将来の安定性はまったく違ってきます。

派遣社員として働いていて感じる不満要素を、正社員になって解消すべき理由について詳しく見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

派遣社員から正社員になる難しさ

辞めるように説得している男性

仕事に対する待遇面では、派遣社員よりも正社員の方が明らかに高いのは言うまでもありません。仕事における責任を負いたくないから派遣社員をしている人以外は、派遣社員より正社員として働くことを目指しているはずです。

しかし、普通に派遣社員から正社員になろうと思っても、なかなかうまくいかないのが現状。それは会社が派遣社員を雇う理由を考えればわかります。

 

派遣社員を雇う理由とは?

会社はなぜ派遣社員を雇うかというと、会社の業務で不足している人材をサポートするためだけです。自分の会社の正社員として雇わないのは、あくまで業務をサポートすることだけを念頭においているからです。

言い方は悪いですが、要するに使い捨てというわけです

 

派遣社員から正社員に昇格する形を期待しているかもしれません。もちろんないわけではないですが、会社としては正社員として育てたい人は、別の方法で探すことになります。

その一番の理由は、すぐに会社を辞められたくないからでしょう。

派遣社員ってすぐに会社を辞めるイメージが強い。派遣社員として働いていたことから、会社を移り変わることに対するハードルは低くなっている。せっかく正社員として雇ったとしても、辞められるとなるとそこにかけるコストは無駄になってしまうというわけです。

それよりも新卒入社してくる社員のために正社員の枠をとっておきたいと考えるのは、自然なことです。

 

派遣社員であり続けることのリスク

派遣社員でも大企業に派遣されて働く機会もあるので、職場によっては全く問題性を感じないまま、仕事を続けてしまう人もいます

大都市のビジネス街で、大きなビルで働くと、なんとなくすごい仕事をしていると勘違いしてしまいがちですが、派遣社員であることを忘れてはいけません

 

派遣社員として働くリスクの体験談

私の友人で派遣社員として働いていた人がいました。

東京にある大きな建物で、有名な会社も数多く入っている中で働いていたこともあって、よく自慢されました。給料も派遣社員としてはかなり高い方で、正社員として働く自分よりも給料が良かったことを覚えています。

そのまま安定して働き続けられると本人も思っていたそうです。

 

しかしある日突然、派遣社員が大量に解雇されるときが来てしまったんです

私の友人もその中の一人になってしまい、突然別の派遣の仕事を探さなくてはいけなくなりました。次に就いた仕事の待遇の低さから、ショックを受けつつ仕事内容的にもかなりハードになり、合わない仕事だったことから、その仕事も辞めたそうです。その時には30歳近いこともあって、アルバイトと派遣社員を交互に繰り返しながら何とか生活しているとのことでした。

 

これはあくまで一つの例ですが、世の中にはこんなケースはまだまだ多く存在しています。派遣社員で問題なく仕事ができて給料がもらえるのであれば、誰もが派遣社員として働くでしょう。

みんなが正社員を目指す理由は、やはり安定しているからです。

 

25歳から正社員を目指す方法

派遣社員から正社員になることを諦めている人は、まだ諦めるのは早いですよ。

派遣社員の有利な点は、職務経歴があるということです。世の中にはフリーターから正社員を目指す人もいます。未経験の業界に新しく飛び込んで仕事を変えようとしている人もいます。

それならば派遣社員からでも正しいアプローチをすれば正社員になることはできます。

 

派遣社員は中途採用したい人材候補No1

派遣社員って考えようによっては、即戦力なんです。

つまり、人事からすれば下手な人材よりも欲しい。

このことを念頭においてアプローチするのが重要なポイント。もし同じ業界であれば能力が評価されやすいので、すぐ内定をもらえる可能性も高くなります。

25歳ならまだその選択肢があるということです。

これから1年経つごとにどんどん再就職も厳しくなる時期。今しか決断するチャンスはないでしょう。同じように働き続けると、そのまま流されて人生を終えることになります。

30代後半~40代になって惨めな生活を送っている人を見たことがないかもしれませんが、目も当てられないほど悲惨なものです。その人たちを見て思うのはどうしてもっと若い時に、別の選択肢を選ばなかったのか?

30代に入る前に、踏ん張って安定した生活を送るための道を選択していれば、高齢になってからも最低限の生活は保証されるんです。

 

普通に転職サイトで探してもうまくいかない

転職活動の方法はいくつかありますが、他の派遣社員の人と同じ方法でやっていては、内定は取ることができません。

一番良くない例が、転職サイトで探すパターンです。転職するときどうやってするのか知らない人がほとんどです。そんなときにまず行うのが転職について検索すること。そうすると、一番最初に出てくるのが転職サイトなわけです。

これが良くない。みんな同じ方法で探しているところに混じって同じことをしても、競争になるし効率も悪いのは理解できるはずです。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-派遣社員・契約社員

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.