年収・給料

30代で年収1000万以上稼ぐ方法とは?

更新日:

年収1000万円越えは俗に言うエリートです。毎月100万近く給料もらえる計算になるので、一気に富裕層の仲間入り。

ただし、それだけ高い報酬を稼ぐことができる仕事は限られています。今の仕事を続けて努力したとしてもおそらく達成できないでしょう。年収アップを実現させるには根本的な改革が必要です。

その改革とは転職すること

年収1000万はなんとなく狙うようでは絶対に実現できない。戦略を練って明確な意思を持って現状を変えなければ達成できない道です。

そしてその道として、ぜひおすすめしたいのが外資系企業への転職なのです。

 

今回は、30代という若さで年収1000万を実現するための方法について、詳しく見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

30代で年収1000万を実現できる企業とは?

年収1000万を稼ぐエリートサラリーマン

冒頭でなぜ年収1000万を稼ぐために外資系企業を進めたのか説明していきましょう。そもそも年収1000万の報酬を社員に還元できる企業自体が少ないのです。

サラリーマンの給料・年収の平均給与は20代・30代・40代・50代でどう違う?自分の給料が低すぎる人は早く気づくべき!

 

会社が自分たちの経営状況を犠牲にしてまで、社員に還元するとは思えません。そんな企業は世界中探してもどこにもないでしょう。

社員に還元できる金額は、それだけ会社が儲かっている必要があります。業績が安定していて、今後もそれが継続する見込みがある会社。決算状況がよく、借金がない利回りの良い会社で、将来的に仕事がなくなる可能性が、ほとんどないような会社が望ましいわけです。

そこで白羽の矢が立つのが外資系企業。外資系企業の大元の会社は海外にあります。海外の会社が支部として日本に拠点を置いているわけです。

つまりそれだけ潤沢に資金があるということです。

 

日本における年収アップの秘訣とは?

根本的に日本の経済にとらわれていないため、お金の基準自体も異なります。そこが日本における年収アップの秘訣というわけです。

日本人でも日本円で稼いだお金を海外に持って行って、裕福に暮らしている人達がいるように、世界の大企業の規模は計り知れないものです。日本という小さな基準で判断すると、年収1000万は大きな壁であることは確かです。

 

しかし世界規模で考えると、そこまで大きなことではないんです。高い報酬であることは間違いありませんが、上を目指せばキリはありません。世界が変われば基準も変わる。

もちろん仕事の能力があるに越したことはないですが、どの土俵に自分を置くのかという問題は、おそらくほとんどの人が認識していない。格差社会と言われるようにごく一部の気付いた人間だけが、その恩恵を授かっているわけです。

そこに参加するかどうかは自分次第でしょう。存在を知ることができれば、後はどうアプローチするかだけを考えれば良いのです。

 

30代での転職成功者がもっとも多い

実は転職活動者の平均年齢は30歳近辺が最も多いんです。

転職成功者の平均年齢

出典:転職成功者の年齢調査(2017年上半期)

 

働き始めてから5年~10年近く経過してみて、周りの社会人などと比較して自分の年収が低すぎると実感する時期。30歳という区切りを意識していることからも、30代で転職を考える人は多い

正にその証明となっているデータと言えるでしょう。若くなくても人材に価値があれば30代、40代の採用も増えているということでもあります。企業や社会全体の転職に対する意識にも変化が出てきているんですね。

 

外資系企業への転職に必要な能力とは?

外資系企業で年収1000万を実現できる可能性があることはわかりました。

しかし誰もが転職できるわけではない。そこに必要な能力があるんじゃないかと疑うのも自然なことですね。

外資系企業ということで、一番気になるのが英語の能力です。確かに英語に全く触れていない人は、外資系企業に就職する選択肢は早々に除外しているでしょう。もちろん全く英語ができないという状態では、なかなか厳しいでしょう。

しかし、そこまで高い英語力が必要かと言われれば、そんなことはありません

 

TOEICスコアも600~700点の中級者でも転職を成功させることはできます。

外資系企業の仕事にも、英語だけが求められるわけではない。外資系企業の中には、日本の企業に対して海外の企業が投資している会社もあります。そこで求められる仕事内容はどちらかと言えば英語力よりもその業務に特化した能力でしょう。

海外とのやり取りで最低限の英語スキルが必要になるとは思いますが、英語に対してどこまで比重を置いているかは会社によって違います。初めから英語ということで自分の選択肢から除外している人と、会社によってどこまで英語が必要なのか見極めて、努力して達成できるラインであれば、そこに対して自分の能力を向上させるために時間を費やす人。

どちらが成功するかは言うまでもありません。

 

転職のために資格の勉強をしている人もいますが、英語の学習もその一部と考えれば良いのです。英語の能力を上げるだけで自分の転職の選択肢が増えるのであれば、専門分野を勉強するよりも実は簡単なのかもしれません。

何もTOEICスコアを満点取らなければいけないと言っているわけではないですからね。

 

外資系企業で働くメリットとは?

ここまでは外資系企業のメリットは年収が高い部分だけを見てきましたが、それだけではありません。外資系企業で働くメリット他にもあります。

外資系企業という事で海外の勤務体系が取り入れられている会社が多い

子供が風邪を引いたり、学校の用事で親が同伴しなければいけない時など、緊急の用事がある場合にそちらを優先しても海外としては何の問題もないことが多い。周りの人たちも自分たちが同じようにするので、理解してもらえているんですね。

労働時間についても結果を出すことができればフレックスタイムの様な自由な働き方ができます。自宅で働かなければいけない事情がある人は、遠隔でのリモートワークが可能になっている会社もあるでしょう。

グーグルやマイクロソフトなどの会社紹介に頻出するような働き方が、日本にいながら実現できるというわけです。

 

資本が潤沢なので、働く環境も一般的なレベルよりも高品質なもの。食事においても無料で利用できるビュッフェタイプの食堂や、仕事をする席も決まっていないフリーアドレス制など。

その自由度は快適なものです。日本社会の堅苦しい働き方が嫌な人は多いはずです。年収の高さも重要な要素の一つですが、それ以外の待遇面でも多くの面で優れている部分が見つかるはずです。

 

今日の会社の場合は、ごく一部の大企業を除いて出来る限り無駄を省いた最低限の職場ばかりです。殺風景な職場に対して各社員の人たちが抵抗を見せるように自分の席周りに好きなものを置くくらいでしょう。それさえも禁じられている職場がほとんどですよね。

身の回りのことを制限したからといって仕事が必ず捗るかと言われればそうではないはずです。社員のために必要な自由度を与えて、快適に仕事ができる環境を求めている点は、日本は海外の企業に負けている部分でしょう。

そこに無理して付き合う必要もないですよね。働き方に対して高い意識を持っている人ならわかってもらえるはずです。

 

転職可能な外資系企業の探し方とは?

これまでの経歴が活かせる仕事や、今の自分で選択可能な外資系企業の探し方でおすすめなのが、転職エージェントを利用する方法です。

転職エージェントはそれぞれ担当者が付く形で転職活動をサポートしてもらえます。分野に特化した担当者がいるわけですが、もちろん海外分野に詳しい担当者も配備されています。

外資系企業を自分で探し出すのも、その量の多さに漠然としてしまうことでしょう。最終的に自分で決断するとしても、まずは詳しい転職のプロに相談して概要を知るべきです。

その方が効率的で時間も節約できます。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-年収・給料

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.