年代別の転職活動

31歳の転職は厳しい?転職を成功に導くたった1つの重要なポイントとは?

更新日:

30代付近で転職を考える人はかなり多いです。これから先の人生を考える上でターニングポイントになる年齢。

つまり、仕事を変える最後のチャンスの年齢ということ。

31歳って全然遅くないですよ。31歳であれば新しい会社や業界でスタートを切るにはまだ遅くないんです

 

今回は、31歳での転職を成功させるために重要なことと、30代のメリットとデメリットについて詳しく解説します。

 

 

スポンサーリンク

31歳の転職の厳しさとは?

31歳の転職の厳しさは、30代に突入したという年齢によるもの。

つまり、成長性が20代に比べて期待できないということです。

30代の後半になってから、転職を考える人もいますが、30代後半は、さらに転職のハードルが一気に高まります

売れ残り、賞味期限切れ・・・。表現は悪いですが、そんなイメージが強くなってしまうんですね。あなたが採用担当者でも同じように感じるはずです。

 

しかし31歳という年齢なら、まだ間に合います。それは、30代の未経験者を募集している企業も存在するからです。30代後半から動くことを考えれば、可能性は十分あることをまずは認識してください。

 

30代後半からは転職がさらに厳しくなる

キャリアアップを狙って、高い能力を持って転職するのであればまだ良いです。

しかし、仕事ができなかったり、人間関係の問題といったマイナス要素で会社を辞めてしまうと、内定を取ることはかなり難しくなる。

そうなると最悪の場合、人材派遣の仕事で派遣社員として食いつないでいくか、アルバイトする惨めな人生を歩んでいくことになりかねません。それでも40代で転職活動をしている人もいます。こうなるくらいなら31歳の時点で転職を決めたほうが、良いことはわかるはず。

そう、31歳は転職市場としてはまだ若い世代に入るんです。

 

31歳での転職における年収アップの可能性

30代ということは、社会人としての経験を積んでから、5年以上経過している人がほとんどでしょうか。それなりの経歴を持った上で転職すると、年収アップの可能性は十分に考えられます

 

まず、今の給料よりも高い会社で応募する会社を絞った時点で、その中から内定を取れば確実に年収は上がるということです。年収が同じ程度だとしても、交渉次第で少しでも上げる余地は残されています。1万でも上がれば年収10万アップ。そこから成長度合いによってさらに年収をあげていくことも可能です。

これが転職によるキャリアアップの方法

 

転職の回数が増えると、職務経歴書的にあまり良くないと考えている人が多いですが、それは昔のイメージです。今の時代は転職回数が多いほど採用したいと言う会社もあるほどです。それだけ多くの会社を経験しているので、広い視点を持っている証。それが仕事に活かせる面もあるんです。

転職におけるメリットの一つが年収を上げることです。

給料を上げたい人は転職するしか方法はない!給料アップには転職しかない理由

 

31歳でも転職を成功させることはできる!

31歳でも転職を成功させることは、十分に可能です。

 

私が以前勤めていた小さな会社でも、中途採用で入社してきた30代の若い人がいきなり取締役に選ばれたことがありました。もちろん仕事ができることもありましたが、小さな会社では人材が足りていないので、枠が空いていることも大きいです。

年齢が高めの40代の人をそのポジションに置いてしまうと、スピードにかけてしまって会社がうまく回っていかない。それよりも若手に就いてもらって、高齢の社員は後ろからサポートする形を取るほうが良いという選択でした。

これには私も内心で同意していたほど、良い選択だったことを覚えています。

30代で初めて会社に入社する人もいるので、30代での転職も全く問題にならないです。

 

31歳での転職におけるデメリット

30代の転職におけるデメリットがあるとすれば、今までの経歴が無駄になってしまうことです。

全く別の業界に転職すると、それまで頑張って働いてきた仕事の経験値が無駄になるかもしれません。嫌々ながら仕事をしていたとしても、自分が生きてきた人生の中の1つの出来事。そこで培った人間関係もあるはずです。

そういったものは、全てリセットされてしまう。これは転職のリスクと言っても良いでしょう。

ですが、それは転職しないことのリスクと天秤にかけて、どちらを選択するか?という話です。

どちらにせよリスクはあるわけです。

  • 転職せずに長期間勤めても給料が上がらないリスク
  • 職場の人間関係が悪化して、働きづらくなるリスク
  • 仕事が面白くないまま定年を向かえるリスク
  • 会社自体が倒産してなくなってしまうリスク
  • リストラされてしまうリスク

こんな風に挙げ始めるとキリがないんです。

決めるのはあなた次第ということですよ。

 

31歳からの転職先の会社の探し方

転職活動が初めての方であれば、転職エージェントについてご存知ない人もいるかもしれません。

転職エージェントは転職サイトと違って、エージェントの担当者と一緒になって転職活動を進める方法になります。転職活動をいざ始めるときに転職サイトを見ていても、正直言って全く会社の中身を想像できないんですよね。

そこで自分が不安に思っていることだったり、次の会社はどんな業界や職種が良いのかについて相談することができます。面接が苦手な人でも、担当者と模擬練習することもできるので、内定確率も1人で活動するより明らかに高い。

 

しかもこれが無料で利用できるんです。

ダメ元でも他の方法で転職活動を決めても問題ないので、内定の可能性を少しでも上げるために転職活動の方法を1つでも多くしておくに越したことはありません。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-年代別の転職活動

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.