転職理由

3ヶ月で仕事を辞めたい人が短期間で再就職する方法とは?

更新日:

仕事を始めてから、たった3ヶ月という短い期間で仕事辞めたくなっている人。あまりにも早すぎると言いたいところですが、実は私も仕事を辞めた経験があるので気持ちはすごくわかります。

どんな事情であれ仕事に限界を感じて、本気で辞めたいと考え出すと、これまで働いてきた期間なんて関係ありません。今が苦しい状態であることに変わりはないし、これから先それが改善されるとは思えない。

別の道を選ぶことができるなら今すぐそうしたい。そう思っているはずです・・・。

仕事辞める上で何が不安かというと、次の仕事が見つかるか分からないということです。しかし逆に考えてみると、次の仕事を見つけることさえできれば仕事を辞めることができるわけです。

そのためにも再就職に必要な転職方法を知ることが重要です。

 

3ヶ月という期間は転職に不利になってしまいがちですが、そこをうまくカバーして転職を成功させる方法について詳しく見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

3ヶ月という短期離職の原因を自分でしっかりと認める

仕事を辞めたいと考えている男性

新卒入社した会社や、転職した会社だとしても、入社してからたった3ヶ月で会社を辞めた場合、一番気をつけておきたいことは下手に嘘をつかないことです。採用面接担当者も一応プロです。下手な嘘は、絶対にバレると思っておいてください。

あまりにも短すぎる職歴。それをうまく隠そうとして、嘘をつこうとする人がいます。

転職活動で面接は避けられないものです。そして面接官は、必ず短い職歴のことを尋ねるでしょう

そこで下手に会社のせいにしたり、仕事が合わなかったという内容を話してしまうと、印象がとても悪くなります。それだけで、採用NGという会社も少ないないですよ。

 

結果的には3ヶ月で会社を辞めているわけなので、自分に非があることを認めましょう。仕事や会社について深く調べることができていなかった。自分がやりたい仕事がどんなものか真剣に考えておくべきだった。そんな反省を、正直に相手に伝えることが重要なんです。

まずは、嘘をつかずに正直に話すことは必ず守ってください。

 

採用する側はどんな印象を持つか?

採用する側の企業として、3ヶ月という短い職務経歴を見たときに、何を不安に感じるのか?これは、またすぐに会社を辞められないか不安ということです。

これは誰でもそう考えるでしょう。あなたが採用する立場の人間だとしても、そう思うはずです。つまり転職活動の採用面接で特に重要になるのが、仕事を長く続けたい意思をはっきりと伝えること

 

何が原因でやめることになったのか、自分でしっかりと思い返して反省点を認める。そうすれば、今どういう気持ちで新しい会社に入って、仕事をしたいと考えているのかが伝わるはずです。

人間性に問題がなく、短期離職はしたもののまだまだ若いので、これから成長する期間も十分に残されている人材。そのことがわかれば、必ず採用の枠として考えてもらうことは可能です。

「なんとなく仕事が合わなかった」、「上司がムカついたから仕事を辞めた」などの中身の薄い退職理由を伝えてしまうと、いつまでたっても転職は成功しないでしょう。

 

これから自分はどうなっていきたいのかをしっかりとアピールすること

過去の事についてばかり考えていても仕方がありません。自分の間違いは認めつつも、これからどうなっていきたいかしっかりと考えていることをアピールしましょう。

これまで仕事に対して真剣に取り組めていなかったのであれば、そこは改善すべきです。

会社に対しても貢献しようという気持ちが持てなかったのであれば、自分がどの会社や業界であれば力を発揮できるのか、やる気が出るのかについて考えるべきです。

 

採用する人間もプロなので、応募してくる人材の本気度はすぐに判別することができます

やる気のない人材を雇う会社は、どこにもないでしょう。あるとすればブラック企業のような人として扱わないような会社だけです。応募する会社の事を詳しく調べて、その会社がこれから何だ風に成長したいと考えているのか理解しておく。自分がその仕事に興味を持った理由について深く掘り下げて考えておく。

興味を持った仕事なら、自分自身に足りない能力や知識を補いたいと考えるはずです。

 

仕事ができる人間になることは誰にとっても嬉しいことですよね。

同じように考えている人たちが集まっている会社で働くことができれば、良い職場の雰囲気の中で仕事をすることができますよ。

そんな風に将来のことについて、ポジティブに考えていることをしっかりとアピールすることが転職の成功のカギです。

 

書類選考や面接が不安であれば転職のプロに相談すべき

転職活動そのものが苦手な人は、書類選考のための経歴書作成や、面接も苦手かもしれませんね。

自分で考えた自己PRに自信が持てない人もいるでしょう。そんな人は転職のプロに相談すべきです。

転職のプロとは転職エージェントの担当者になります。

広範囲にわたる業界と、長期間にわたって多数の転職者をサポートしてきた経験から、どんな経歴を持つ人でも悩みを相談することができます。短期離職した人も過去に同じように転職を成功させた人たちのことを知っているので、どういったアプローチをすれば良いのかも教えてもらうことができます。

しかも無料でカウンセリングしてもらえるところが嬉しいポイント。職務経歴書の添削や模擬面接の練習なども行ってもらうことができます。

 

一人で時間をかけて自信の持てない書類や面接のアプローチをするよりも、経験豊富なプロに実際の企業に受けに行く前に判断してもらえる方が、転職成功の確率が高いことは分かるはずです。

内定がもらえないと精神的に落ち込んで活動のスピードを緩めてしまう人もいます。

心が折れないうちに内定を決めるためにも、是非転職エージェントの利用をお勧めしておきます。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-転職理由

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.