年代別の転職活動

40代で失業して絶望している人が再就職を成功させる方法とは?

更新日:

40代という年齢になってから、突然会社を辞めさせられることになった場合、ものすごく焦りますよね。定年までそのまま同じ会社で働けると思っていたのに、自分がリストラにあうなんて全く考えていなかった。

独身ならまだしも、家族を養っていかなければいけない人であれば早急に別の仕事を探さなければいけない状態。

しかし世の中40代で再就職を決めるのはそう簡単ではありません。しっかりと自分に出来る仕事が何かを考えて、採用してくれる会社を見つけ出さなければいけません。

 

今回は、40代で失業してから再就職を成功させるために必要な考え方について、解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

40代でリストラされた原因とは?

そもそもなぜ会社という組織は、リストラする必要があるのでしょうか?

会社がリストラしなければいけない理由は、業績が傾いたことによって、会社の利益が減って、従業員に支払うための資金に余裕がなくなったことです。

 

従業員に支払う給料の総額が、会社の利益を上回れば、資金難に陥って会社が倒産してしまうことになります。それはベンチャー企業であっても昔からある大企業であっても変わりません。

最近ニュースになっているような大企業であれば、東芝やシャープといった会社でも希望退職を募集するなどの処置も行われていますが、希望退職者がいなければリストラしなければいけないので結局はリストラと同じようなものです。

基本的に業務を拡大するためには、少しでも人材がいた方が良いんです。どれだけ能力が高い人でも、一人でできる仕事の範囲は限られている。これまで長年勤めて経験がある人であれば、そこまで能力が優れていないとしても会社を運営していく上で必要な人材。

そんな人材でも資金が不足して給料を支払うことができていない会社というのは、経営状況はかなり厳しい

あなたはリストラされたことでショックを受けているかもしれませんが、いずれにせよそんな会社にいてもこの先はなかったということです。

自分自身の問題を考えることも重要ですが、そこまで自分を責めないようにしましょう。次の仕事を見つけることさえできれば、問題はないはずです。

 

40代から再就職を決めるための方法とは?

リストラにあってしまった40代男性

40代ということであれば、働く社会人としては高齢な部類に入ります。今の時代で40代の人となると、インターネットを利用できるとはいえ、うとい人もいるかもしれませんね。

転職活動の方法として、まずは失業保険をもらうためにハローワークに行くことになるでしょう。そしてハローワークでそのまま転職活動も始めてしまう。

リストラにあってからすぐに転職活動を始める事自体は素晴らしいことです。40代に入ってリストラにあった人は、しばらく引きこもって行動できない人もいますからね。

しかしハローワークの求人には少し注意が必要です。と言うのもハローワークの求人はブラック企業の募集が多いからです。仮にせっかく再就職を決めたとしても、激務によって体を壊したり、安い労働条件で働かされることになると、定年まで働いたとしても老後の余裕はないでしょう。

リストラにあったことで人生設計も大きく狂わされていると思いますが、再就職の条件次第でいくらでも取り戻すことはできます。さらにハローワークの求人は、40代となると経験者募集がほとんど。

リストラされたことをきっかけに別の業界に転職しようと思っても、なかなか難しいのが現状です。40代ともなれば体力的にも若い頃のような働き方は出来ません。休日は平日の仕事のためにしっかりと体を休めておかないと満足に働けないでしょう。

そんなこともあって休日もしっかりと確保されている仕事を選びたいところです。そういった会社を探す時に、何も考えずにハローワークで仕事を探すと、自分が想定しているものとは違った仕事に就いてしまう可能性があるということは知っておいてください。

 

インターネットを利用した転職活動の方法の注意事項

ハローワーク以外での転職活動となると、まず頭に思い浮かぶのは転職サイトでしょう。

有名どころの転職サイトは検索すればすぐに見つかります。そして検索条件に40代と自分がやっていた仕事に関係する仕事などで検索してみる。そうするとリストにはちゃんと条件に合った会社が上がってくるはずです。

そして応募することもできるわけですが、転職サイトからの求人は応募数もハンパじゃない数になります。インターネットは全国すべての場所から検索して利用することができます。地域によって条件を絞っていると考えても、同じ地域にいる人たちが同じ求人を狙うわけです。

つまり競争率がものすごく高いということです。

 

実際に応募してみると分かりますが、内定を取るのは相当難しいことがわかります。

なんとか書類選考通過して面接までこぎつけたとしても、他の人と経歴や年齢を比べられて、あっという間に不採用をもらうことになります。転職サイトで調べて応募して不採用をもらってしまうと、自分はダメな人間なんだと考えてしまいがちです。しかし、会社が採用する人材枠も限られているんです。競争率の高いところで勝負しても、うまくいく確率は非常に低い。

要するにアプローチの方法が悪かったということです。

 

転職エージェントを利用した転職活動は一味違う

転職サイトでは皆同じような会社に集中してしまうので、競争率が非常に高いんです。インターネットを利用した転職活動の方法は、転職サイトだけじゃないんです。

もう一つ転職エージェントを利用した転職活動の方法があるんです。

転職サイトの場合は自分で会社を探して、直接会社に応募する方法。転職エージェントの場合は、応募する企業との間にエージェントが仲介することで転職をサポートしてもらいながら活動を進める方法になります。

エージェントの信頼性によって、確保された求人のみが公開されているケースもあるので、一般的な転職サイトに掲載されているもの以外も求人を見ることもできます。

40代での初めての転職活動で戸惑っているような人でも、まずはカウンセリングなどで今抱えている悩みや書類の書き方、面接対応の方法なども相談することができます。エージェントの担当者がつくにもかかわらず無料で利用できるので、非常にお勧めの転職方法になります。

すでに転職活動進めていて、なかなか上手くいかずに難航している人や、これから転職活動を始めようと考えている人は、転職サイトを利用するのも良いですが、まずは転職エージェントを利用してみた方が転職活動がスムーズに進むことでしょう。

どちらを平行利用しても問題はないので、転職の成功確率高めるために登録しておくことをおすすめします。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-年代別の転職活動

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.