女性の転職活動

40代の女性が再就職や転職を成功させる方法とコツ

更新日:

女性でも40代に入って仕事を探さなければいけない事情を持つ人もいます。

  • 離婚によって専業主婦から抜け出して社会人として働かなければいけない人
  • 夫がリストラにあって稼ぎがなくなったため、自分も共働きしなければいけない事情のある人
  • 元々働きたかったけれど、子育てのために休職していた人

40代で女性ということになれば、仕事を変えたり再就職するのは、やはり難しいです。

それでも道が開かれていないわけではありません。目指すところとしては、正社員の求人に応募して合格を目指すことが理想的でしょう。

 

今回は、40代の女性で就職や転職を成功させるための方法とコツについて、詳しく見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

40代の女性が再就職や転職する方法

職務経歴ありの場合

仕事をこなす40代女性

過去に働いていた経験を持っている人は、職務経歴があるということですね。

全く経験がないことに比べて、過去に過ごしてもう仕事の経歴があれば就職しやすいことに間違いはありません。そうなれば、やるべきことはただ一つ。できるだけ数多く採用募集している会社にアプローチするだけです。

 

女性ということを抜きにしても、40代での就職は難しいことは、お話したとおりです。

基本的に40代での採用活動は、それまでのキャリアを活かしたキャリアアップを狙う転職が一般的でしょう。管理職を目指して会社のランクをアップさせたり、年収アップのために挑戦的な転職を考えている。

それに比べて働いていない状態から、就職することを目指すわけですから、あまり贅沢は言えません。自分がやりたくない仕事でも、就職することができるならそれで良いはずです。そこの部分で決心がついていないのであれば、自分の中で再就職のための条件をはっきりさせておきましょう。

 

条件が厳しくなればなるほど、再就職は難しくなります。正社員として働くことができるのであれば、どんな業界や仕事でも問題ないという人は、採用確率が高くなります。

例えば、事務の仕事しかしたくないという人は、仕事を探す条件が事務で絞られるので、ピックアップされる会社は少なくなります。それよりも40代の女性で就くことができる仕事であれば、どんな仕事でも良いという条件の場合、多くの会社がピックアップされる。

どちらが採用確率が高いのかは、言うまでもありません。40代というハンデを払拭できるのは、行動力しかありません。いくつか会社を受けて採用されないからといって、いちいち落ち込んでいれば再就職の行動力が落ちる。それよりも闇雲に何百社受けるつもりでアプローチし続ければ、採用してくれる会社も見つかることでしょう。

40代の女性が持っている唯一の武器は、行動力です。

 

職務経歴なしの場合

40代の女性でも、20代の頃に結婚してすぐに専業主婦になった人は、働いた経験が全くないかもしれません。

職務経歴が全くない人で、40代から正社員を目指すのは少し厳しいでしょう。可能性がゼロではないので探しておくべきですが、それと同時にあらゆる方向性を探るべきです。

 

未経験という事は、仕事の能力を事前に評価できないということです。

頭が良くて仕事をこなすことができるかもしれませんが、採用する側としてはそれが判断できない理由です。となれば、まずはアルバイトや派遣社員などを目指して実績を積んでから、正社員への道を探した方が効率的かもしれません。

派遣社員として採用されるのであれば、実務として正社員の仕事と変わらないレベルの仕事内容を、担当させてもらえる可能性は十分にあります。そこで職務経歴を積んでおけば、派遣社員から転職して正社員になることができるかもしれません。派遣先で認められれば正社員登用される可能性もあります。

アルバイトならおそらく見つかるとは思いますが、これから目指す業界と全く関係のないバイトの仕事をしても、あまり意味はありません。

ある程度は自分がどんな仕事をしたいのかあらかじめ考えておいて、それに関係した仕事の経歴を積むようにしましょう。その仕事が資格が必要なのであれば、資格取得のための勉強を始めるのも就職のためになります。

 

40代でも仕事の能力があることをはっきり示すことができれば、社会人として就職する可能性は残されているはずです。いま自分にできることは何かを考えて、少しずつ前進することで未来が開かれるでしょう。

いきなりステップアップするのは難しいので少しずつ正社員への道をめざしてください。

 

40代の女性は受け身になってはいけない

40代の女性で就職を目指す人は、自信を持てない人もいるでしょう。初めて就職するような人は、不安でいっぱいなはずです。

しかし就職活動において不安なことを伝えるのはよくないことです。

 

会社が人材を採用するのはボランティア活動ではありません。自分たちのビジネスを支えてくれる人材を求めているわけです。頼りない気持ちは当然あるわけですが、根拠がないとしてもしっかりと自信を持って仕事に取り組む姿勢を見せなければいけません。

今の自分にどうしようもないことを考えていても仕方がないんです。仕事の経験がないことも、自分に仕事が出来るか分からないことも今はどうすることもできないでしょう。

それでも自分なりにという気持ちで働くことに対する姿勢を持っているのか?自分できることならどんな努力でもするつもりなのか?そういった前向きな姿勢を伝える方が、相手の受け取る印象も良いはずです。

 

これまで40年ほど人生を生きてきてそれなりにプライドもあるかもしれませんが、社会人としての経験はゼロに近い。それならば謙虚になって受け身にならずに自分に責任を持てる社会人をアピールするんです。

40代女性の自分を冷静になって見つめて、行動することが大切なんです。

 

転職エージェントを利用すれば無料で求人情報を集めることができる

転職エージェントを利用すれば、最初の登録さえしておけば、後はエージェントのプロが情報を集めて提供してくれます。

転職サイトを一から自分で調べるのと違って、最初にカウンセリングを行って担当者と一緒に自己分析や企業に求めるものなどを詳しく掘り下げること。

より深く自分に合った会社や仕事をピックアップしてくれるんです。

 

ピックアップしてもらった情報とずれがあれば、そこから修正してだんだんと理想の仕事に近づいていくこともできます。

転職のプロは常に求人情報や企業の情報を取り入れつつ、数多くの転職者をサポートしているので、人材をマッチングさせる能力に非常に長けています。

明らかに自分一人で転職活動を進めるよりも、良い会社を探すことができることがわかるはずです。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-女性の転職活動

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.