年代別の転職活動

50代での転職で失敗しないように注意すべきこと

更新日:

50代での転職は可能なのか?定年間際の50代で初めて転職を経験する人は、そんな印象を持つかもしれません。

しかし年代によって転職する事情も変わります。50代での転職となると、採用してくれる会社がないんじゃないかと不安になるかもしれませんね。

 

例えば、管理職の仕事であれば高齢であるほど経験豊富なわけです。

一つの会社で勤めあげたとしても、いくつもの会社を渡り歩いた経験を持っていても、どちらの場合でも人を動かして仕事を進める能力が非常に高いということです。特に中小企業のような規模の会社では、管理職の人材が不足している会社もあります。40代以降の年代の人がすっぽりと抜け落ちていて、会社全体としての経験不足感がいなめない。会社という組織を運営していく面では、まんべんなく年代層がカバーできている方がより対応力が大きいでしょう。

 

管理職以外でも、少し早めの定年としてアーリーリタイアをしたい人であれば、タクシードライバーに転職したり、未経験でも採用してもらえる事務職や工場勤務などの仕事にトーンダウンするケースもあります。どのパターンでも定年後の生活を見据えて、50代での転職を選択することは自分の人生に対して先手を打てているということです。

定年後に考えれば良いと落ち着いてしまうと、そのまま行動を起こさずに人生を終えてしまう人もいます。

 

高齢になっても働きつづけたい人や、継続的にお金をもらえる収入源を確保したいなど、理由は様々ですが、50代での転職で失敗しないように注意すべき事について詳しく見ていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

50代での転職で注意すべきこと

50代の転職において、注意しておくべきことについてまとめていきましょう。

転職の事情もそれぞれ異なっているはずです。自分がどのタイプに当てはまっているか確認しながら、注意すべき項目について確認してみてください。

 

1.経済面で問題を抱えているかどうか

50代ということであれば、結婚して家族を持っている人が多いかもしれませんね。独身か養わなければいけない家族がいるかで、転職の選択肢も違ってきます

 

独り身の方であれば、最低限自分が生活していける収入があれば、比較的気楽に転職の選択ができるでしょう。生涯生活していくだけのお金を既に稼いでいるのであれば、暇を持て余さないように社会との関わりを持ち続けるためだけに、仕事を選ぶことができます。

しかし、夫や妻、子供が実家暮らしをしていて養っていかなければいけない人は、経済面の収入確保も重要なポイント。将来の蓄えにあまり余裕がない人は、これまでと同じように稼ぎ続けたいと考えているはずです。そこで簡単な仕事を選んでしまうと、キャリアダウンとなって年収が下がって生活が苦しくなります。

そもそも経済面で余裕がある人は、定年後働かない人がほとんどでしょう。

まずは経済面での問題がどれくらいのものなのかを把握して、転職後も問題なく解決できるのかを確かめておきましょう。

定年まで働く自信がない人へ。早期退職の選択肢とは?

 

2.自分が不得意な仕事は選ばないこと

これは50代に限った話ではないですが、自分が不得意な仕事は転職において選択すべきではないです。

いくら高収入だからといって自分が苦手な仕事や好きではない仕事に就いてしまうと、色々な問題が起きます。好きでもない仕事を続けることができるのは、若いうちだけです。慣れない仕事についてしまうと仕事覚えることも遅く、仕事の成果も低く、やっていても辛いだけ。50代とはいえ精神的に追い詰められると、仕事に支障が出るはずです。

 

雇う側の企業としても、その仕事が得意で楽しみながら仕事をできる人の方が雇いたいですよね。仕事を選ぶ段階で、苦手としている仕事は選ばないようにしておきましょう。

ストレスから体を壊していたのでしまっては元も子もありません

 

3.計画を持って転職活動を進める

50代での転職となると、できるだけ在職中に転職活動を進めておきましょう。50代で仕事辞めてしまって、ここまで長期間働いてきたことから少し長めの休暇を取ったとします。

しかし、一度休んでしまうと次に動き出すのがものすごく大変なんです

それが50代ともなれば、なおさらで転職活動も不利になりやすいですし、自分としても規則正しい生活をしながら毎日働くことに嫌気が差してしまうかもしれません。そんなこともあって、退職してから転職活動始めるとうまくいかない人が多いです。

 

できるだけリスクを減らすためにも今の仕事をやりながら内定をもらって仕事を辞めるようにしましょう。もし現時点で退職しているのであれば、休みの空白期間を入れる前に次の仕事を見つけてから休みに入ってください。長期間働いたことで少しだけ休みたいという事情を話せば、それも含めて内定を出してくれる会社もあるかもしれません。

いずれにしても一度停滞してしまうと、動きにくくなることだけは理解しておきましょう。

 

転職エージェントを利用した転職先を探すための方法とは?

50代でも転職先の選択肢を探す時に、ハローワークや転職サイトを眺めるのも良いですが、それよりもお勧めの方法があります。

文字や画像だけの情報を見ていてもなかなか会社のことについて想像するのは難しいです。

 

そこで企業や業界、転職について詳しいプロにアドバイスをもらいながら転職先を見つける方法があるんです。

それが転職エージェントを利用した転職活動の方法なんです。

まず登録してから簡単なカウンセリングを受けることで、よりマッチングした仕事や企業の案件について情報を提示してもらうことができます。

これによって少しでも転職の可能性を高めることができるはずです。何より無料で利用できるので、登録しておいて損はないですよ。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-年代別の転職活動

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.