面接対策と転職準備

転職の志望動機がない時の履歴書の書き方と伝え方とは?

更新日:

転職活動で内定を取るために必要な準備とは、面接と書類の準備です。面接と書類に必要なこととは、志望動機ですね。

会社に入社応募してきた人材が、どんな風に考えているのか?なぜうちの会社を応募したのか?その理由によって採用するかどうか決定する判断を下すわけですね。

内定獲得のために必要な志望動機が、どんなものか理解していますか?

これを考えずにがむしゃらに闇雲に転職活動していても、なかなか内定を取ることはできません。

 

今回は、転職の志望動機がない時の履歴書の書き方について、詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

企業の面接担当の人が見る志望動機のポイントとは?

面接で志望動機を話す男性

企業の面接担当の人は、志望動機についてどのような判断を下すのでしょうか?

何がいけないと不採用の判断するのでしょうか?

実は採用の判断というのは、マイナスポイント方式なんです。

おかしい部分がないかチェックしている

経歴書や履歴書の志望動機って、そもそも評価が難しいんです。

だから、チェックするのはおかしい部分がないかどうかだけなんですよ。

どれだけ経歴が優れていたとしても、仕事ができるかどうかは入社して働いてみるまでわかりません。東大卒で一流企業で働いていたとしても、全く使えない人材もいるんです。それよりも、マイナスポイントとなってしまうような書き方や自己prをしてしまうと、そこを突かれてしまう。

つまり、いかにNGとなる内容を記載をしないかがカギとなるということ。

 

絶対にやってはいけない志望動機の伝え方

面接の場面で、絶対にやってはいけない志望動機があります。

基本的に他の転職者と同じような志望動機はNGだと思ってください。他の人と代わり映えしない内容であれば、当たり障りないので危険性も少ないだろうと考えるかもしれません。

しかし、それではあなたを雇う理由もないですよね。全く目立たないんですよ。とりあえず活動しなければいけないと、転職の準備のためのサイトを見て、そこに書いてある内容をそのまま写しても、魅力的な志望動機にはならないでしょう。

採用してもらうためには、積極的なアピールが必要ということです。

御社の事業内容に興味を持ったという志望動機

まずは事業内容に興味を持ったという志望動機。一見すると問題ないように見えます。あなたの会社に興味を持っていますよというアピールは確かに悪いものではありません。

しかし足りないんです。そんな当たり障りのない言葉は面接官は聞き飽きていますよね。もっと掘り下げる必要があるんです。

面接官としてはありきたりな志望動機を聞かされると、すぐにその質問に対して、「弊社の事業内容のどの部分に興味を持たれましたか?」と言い返すでしょう。そこで、ホームページに記載されている薄っぺらい内容を伝えても、お茶を濁すような話にしかならないんです。

 

最低限の会話のやり取りができているので、マイナスにはならないだろうと勘違いしている人もいます。でも、面接官にアピールできていない時点で大きなマイナスと考えておいてください。あなたの他にいるライバルの転職者が、魅力的なアピールをしていた場合、会社がどちらの人材を採用するかは言うまでもありません。

事業内容に興味を持った話をするのであれば、そのことに対してかなり念入りに調べて、嘘偽りのないように伝える必要があります。前職を辞めた理由との兼ね合いもきちんと筋が通っていないと、話が繋がらずに内定獲得は遠い話になってしまうでしょう。

 

会社の将来性に惹かれたという志望動機

会社の将来性に惹かれたという志望動機も全く駄目です。

最近ではニュースに取り上げられるように、大企業の倒産の危機を向いている時代。どんな会社であっても将来性は未定です。それを言うなら逆にどんな会社も将来性はあるんです。将来性もないのに人を雇って会社を運営している人間の元で、誰も働きたくないですよね。ありきたりな志望動機の将来性という言葉も、安易に使用してはいけません。

あなたの将来性に対する説明が、中身のない一般的な話を聞かされても面接官には何も響きません。そもそも面接担当の人すら、将来性について具体的に話すことができない。

会社の事業というのは、どんな事業であっても失敗するかもしれないリスクを背負っているんです。その上で問題が起これば修正を行いながら、常に前進する気持ちで仕事に取り組む。場合によっては撤退することも視野にいれなければいけません。

適当な志望動機と思われがちなのが将来性という志望動機です。

 

転職において最も内定獲得しやすい志望動機とは?

それでは転職における志望動機で最も内定獲得しやすいものはどんなものなのでしょうか?それは面接担当の気持ちになればすぐにわかるはずです。

面接担当の人が、「おっ!?」と感じる志望動機は、自分たちの会社のことを深く知っている人間だけです。

  • 「そんなことまで調べたのか・・・?」
  • 「君どうしてそんなに詳しいんだ?」
  • 「この人材なら一緒に仕事できるかもしれない」

こんな風に思わせるだけで、十分に大きなポイントになります。

 

志望動機の準備は、非常に面倒くさいものです。すぐにでも転職活動に乗り出したいのに、これを用意しないと活動を始めることができません。そのために、どうしても時間をかけずに間に合わせのものを用意してしまうんですね。

志望動機にこそ徹底的に時間をかけるべきなんです。

一つ一つの会社に時間をかければかけるほど、他のライバルの転職者よりも応募する企業にとって魅力的な人材に近づくんです。確かに転職活動は数多く受けることも重要ですが、企業として魅力的な人材になっていなければ全く意味の無い活動。会社もそれぞれ誇りを持って働いている人たちがいるんです。

10年20年とその会社で働いてきている人の気持ちになってみると、軽々しい気持ちで応募してくる人間は魅力的に映るでしょうか?

人が本気になっているかどうかは、見ればすぐにわかります。相手にあなたの本気が伝わっているかどうか、もう一度確認してみてください。

転職活動における自己PRの書き方まとめ!

 

エージェントと一緒に志望動機を考える方法

自分で志望動機を考えてみたけれど、なかなか魅力的な志望動機を準備できない。そんな人におすすめの転職活動の準備の方法があります。

それは転職エージェントを利用した方法

転職サイトと違って、転職エージェントの場合は担当者がつきます。転職は基本的には一人で行うため、自己流でやる人も多いです。1人で問題なく活動できる人もいれば、サポートが必要な人も当然います。志望動機に何を準備すれば良いかわからない人は、そんな中の1人でしょう。

転職のプロに相談すれば、あなたが準備した志望動機の良し悪しを、応募する前に判断してくれます。つまり、わざわざ企業の面接の場面までいかなくても志望動機について判断できるというわけです。

転職エージェントは無料で利用できるので、志望動機に不安を感じる人は利用した方が悩まずに済むのでおすすめです。面接が苦手だと言う人も、模擬面接の練習も行えるので、興味があれば是非利用してみてください。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-面接対策と転職準備

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.