仕事術

転職に活かせるビジネス英会話を学ぶ方法。細切れ時間を利用して英語力を高めよう!

更新日:

ビジネス英会話などの英語力が問われる仕事を選択したい場合、それに見合った英語力が必要になります。

今まで英語について勉強してきた人も、全く英語の能力がない人も、TOEICなどのスコアなどを基準として英語力を身につけることができれば、仕事に結びつけることができます。

海外を対象としたビジネスを始める人や、海外出張しなければいけない仕事、グローバルなビジネスを扱う会社では英語能力は必須です。これから国際社会になっていく上で、高い英語能力を身につければ、それだけ有利に立つことができます。

つまり転職をする時に、英語の能力があるだけで選択の幅が大きく広がります

これから転職の準備をする人も、転職まで時間がない人でも細切れの時間を使って、少しでも英語の能力を高めることができます。

 

今回は、転職に活かせるビジネス英会話を学ぶ方法について詳しく見ていきたいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

英語力を求められる職種は意外と少ない

仕事の種類にもよりますが、仕事における英語の能力は、そこまで高くなくても問題ないケースが多いです。

基本の英会話が問題なくできれば、後はその仕事に特化した専門的なワードさえ覚えてしまえば、ほとんどの場合問題なくコミュニケーションをとることができます。

相手も英語の能力を測りたいわけじゃないんです。

 

ビジネスにおける英語ということで、構えてしまっているかもしれませんが、仕事の種類によってはTOEICスコアが500点台でも問題ない仕事もあります。

海外に出向いて営業をしたり、翻訳や交渉などがメインとなれば、TOEIC800点~900点台の高い英語能力が必要になりますが、英語が必要な仕事はそれ以外にもたくさんあります。

最終的にそこを目指したいとしても、まずは低レベルの仕事で慣れておいてから転職をしても遅くはありません。

 

ビジネス英会話を学ぶ方法

それではビジネス英会話を学ぶ方法についてみていきましょう。それぞれの人で今の英語能力も異なっているため、低レベルの学習方法からみていきます。

 

中学英語も怪しいレベルの場合

英語自体に興味はあるけれど、英語能力は全くなく中学英語も怪しいレベルなのであれば、無理やり難しい英語に取り組むよりも、学校で習っていたような教科書を使った学習方法がおすすめです。

忘れていても一度学習しているので、復習するスピードは早いはずです。中学校で扱う教科書や参考書を買ってきて、超短期間でこなすことをお勧めします。早ければ1週間、遅くても1か月程度を目標に、確認の意味も込めて全て見通してみてください。

それと同時にヒアリングの勉強も行っておきましょう。

 

おすすめなのはYouTubeなどの動画や字幕映画を見ることです。

バイリンガール英会話

 

日本にいる外国人の人が作っている動画は、日本語の翻訳も付いていたり、日本語を話す外国人の人が英語の字幕をつけてくれている場合があります。

ご飯を食べている時や、少し空いた時間で動画を見るだけで英語の勉強をすることができるんです。

特にビジネスの場面となれば英会話の方が重要度が高いでしょう。

直接話す時に聞き取れないのでは話になりません。そういったヒアリングの面で、動画や映画を見る癖をつけておけば、知らないうちにヒアリング能力が上がっていることに気づくでしょう。

趣味の時間を楽しみつつ、英会話の勉強もできるのは一石二鳥。この方法を利用しない手はないです。

 

ある程度英語能力が身に付いている場合

それなりに英語について学習してきていて、基本的な英語能力は問題ないという人。

その場合であれば、いきなりTOEICを受けることを想定して学習を進めましょう

TOEICの実践に特化した参考書や英単語の学習を行って、実際に試験を受け初めてください。最初はスコアが低くても、そこから点数を上げていくことでモチベーションを維持しながら学習を進めていくことができます。

DUO3.0などの有名な単語学習の書籍や、TOEICの模擬試験を扱った参考書などが販売されています。

 

TOEICの良いところはスコアで書類選考を通過できるところです。いくら英会話ができてもTOEICのスコアで足切りされてしまえば、面接の場面さえたどり着くことはできません。

逆にスコアが証明書の代わりとなって、選考通過できる会社も多くなるでしょう。

 

本格的な英会話能力(リスニング能力)を学習する方法

基本的な英会話については、教材レベルで問題ありません。ビジネスとして本格的に英会話を学ぶのであれば、ネイティブの先生に習うのがお勧めです。

駅前留学と呼ばれるような英会話教室や、インターネットを利用したオンライン英会話などを利用すれば、実際に英語が話せる教師の人に細かい部分で英語の指導を受けることができます。

発音のニュアンスやリスニングが難しい単語、ビジネス英会話の場面でよく使用されるパターンなど、実践的な英会話を身につけることができます。この段階までくれば中途半端に自分だけで頑張ろうとせずに、ネイティブ教師に教えを請う方が早く能力を身につけることができます。

 

1人で学習してしまうと、実際に使わないものを覚えたり間違って覚えてしまう可能性もあるので、時間がもったいないですよ。ある程度お金はかかってしまいますが、だらだら1人で学習する方が時間がかかってかえってお金を無駄にしていると言えます。

 

細切れ時間で英語を学ぶことの重要性

英語学習は継続することが重要です。

そのために普段の生活の中で、少しの空いた時間を利用して細かく学習していくことで、期間で英語能力を高めることが出来るでしょう。毎日5分多く学習するだけで、1週間で約30分多く学習したことになります。

10分になれば1時間です。1年間それを続ければ、50週間で50時間です。そういった小さな時間が積み重なれば学習期間が長くなればなるほど、大きな差となって現れてくることでしょう。

 

ただでさえ忙しい社会人の人は、まとまった時間を取るのも難しいはずです。

電車を待っている時間や、休憩時間のほんのすこしの時間だけでも英語学習に取り組むことで、英語の能力を高めることができる。

そのことについて理解しておいてください。

 

聞き流しの英会話フレーズを空いた時間で聞いておくだけでも、自然に英語力を高めることができます。

電車を待っている時間や、通勤時間、ふとしたタイミングで3分でも英語勉強に時間を割いてみると、思っている以上に上達スピードが上がることでしょう。

 

まとめ

転職に活かせるビジネス英会話を学ぶ方法についてまとめてみました。

自分の英語能力に合わせて、簡単なレベルから英語の学習を進めることが重要です。

そして自分の目標とする英語能力がどの程度必要なのか知っておくことも大切です。

その仕事に必要なTOEICスコアを調べておいて、そこを目標に学習を進めていけば途中で諦めずに頑張り続けることができるでしょう。

 

仕事にするための英語ということで、難しく大変な道のりと思っている人がいるかもしれませんが、全ての仕事で高い英語の能力が必要になるわけではありません。

最低限の英語能力が必要だとしても、コミュニケーションが取れれば問題ない仕事も多い。英語に興味を持っているということでそれだけで他の人よりも選択肢は広い。

そのスキルを伸ばして、自分にしかできない仕事を見つけ出しましょう。

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-仕事術

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.