職種・業種

コールセンターを辞めたい人が転職を成功させる方法

更新日:

コールセンターの仕事をされている方は、女性の方がほとんどですね。対応する顧客にできるだけ良い印象を与えるために、女性で構成するわけです。

しかしコールセンターの業務を行っている立場からすると、仕事内容はなかなか厳しいものです。

特に直接お客様を相手にすることになるので、常に緊張の連続。クレームを処理しなければいけないストレスも半端じゃないですよね。コールセンターの仕事は楽そうに見えますが、会社の事務の仕事を淡々とこなす方が楽に違いありません。

 

今回は、コールセンターとして働いてきたけれど、別の仕事に転職したいと考えている人のために、転職を成功させるコツについて詳しくご紹介していきます。

他業種へ転職できる可能性を知れば、自分にも転職の道が開かれていることがわかってもらえるはずです。

 

 

スポンサーリンク

コールセンターを辞めたい人が転職を成功させる方法

コールセンターで働く女性

コールセンターの職種も様々な業種に存在します。

インターネットが発達したことによってWEBによるサービスの展開もかなり増えています。物販によるクレームから、実際のサービスの利用方法についての説明やトラブル対応といった消費者相談窓口としての役割を果たすべく、重要な役割を担っています。

「実際のところコールセンターでの仕事は、転職して他の業界でも役に立つものなの?」そんな不安を抱いている人もいるでしょう。

 

問題解決能力をしっかりとアピールしよう

基本的にはその業界に特化した知識に長けているわけですが、それだけではありません。基本的な顧客対応のスキルを自然と身につけているんです。

仮に直接人と会って接客対応するような仕事に転職したとしても、その業界についての基本的な知識を身につければ、すぐにでも仕事をすることができます。クレーム対応などでイレギュラーな対応にも慣れているので、問題が起きても冷静に対処できる、問題解決能力の高さも非常に価値のある能力です。

どんな仕事でも予想外の問題は起きますが、言われたことしかできない人は役に立たないことも多いです。

自分で解決できないとしても、誰がそのことについて詳しいのか瞬時に判断して、その人の指示を仰ぐことができるかも重要なスキルの1つです。自分では気づいていないかもしれませんが、知らないうちに様々な業務に対応できる能力を身につけていたんですね。

 

コールセンターの職務経歴に誇りを持つべき

コールセンターの仕事はマニュアルさえ覚えれば誰にでもできる仕事です。だからこそ転職を考えた時に自信が持てない人が多い。誰でもできる仕事に胸を張ることができないと考えているわけです。

しかし、それは間違っています。誰にでもできる仕事とはいえ、仕事の大変さは比べられるものではないです。クレームをつける顧客への対応や、同じ作業を淡々とこなす精神力、常に気を張っていなければいけない体力など、コールセンターの仕事でも評価できる部分は数多く存在するはずです。

そのことを少なからず達成したという誇りを持つべきです。自信を持っていれば仕事の大変さや、そこで得られたものを次に活かせるはずです。

 

コールセンターの将来性はあるのか?

実際にコールセンターで働いていて感じていることだと思いますが、コールセンターの仕事で他の人に差をつけるのは難しいですよね。

基本的には分担作業で、同じような対応をする必要があるため、仕事の出来不出来の判断が難しい仕事です。おそらく年功序列で仕事の責任の重さが決まっているでしょう。チームをまとめる立場になるためには長く勤めなければいけない。自分より先に入った人を追い抜くことが難しいということです。

 

給料も満足できるほど高いものではないし、コールセンターの仕事をこの先続けていく自信がなくなっている。

一度しかない人生を少しでも良くしたいと考えるのは当然のことです。周りで同じように働いている人たちは諦めている人も多いでしょう。仕事の辛さも感じていて、別の仕事に就くことができないか探したい。

そんな気持ちが少しでもあるならば、転職の選択肢について情報を集めるべきです。

 

自分の興味を持てる仕事や、今の仕事よりも年収が高くなって楽しく働ける職場が見つかる可能性は十分にあります。コールセンターの仕事が大好きな人でなければ、その仕事にこだわる理由も特にないでしょう。まずは、自分にもできる仕事があることを知ることから始めましょう。

20代の女性が転職するときに気をつけるべき3つのポイントとは!?

 

まとめ

コールセンターの仕事は、毎日同じことの繰り返しで、精神的に落ち込みやすい職場。

誰かフォローしてくれる人がいなければ、頭のなかでぐるぐる悩み続けてしまいがちです。

頑張って転職して、もっと自分らしい働き方ができる仕事を見つけたい!

そんな気持ちを持っているなら、行動するしかないですよ。

行動とは情報を集めるところから始まります。

自分に見えていなかったことが見えることで、どんな仕事をしたいか?どんな仕事ならできそうかわかってきます。

ここまで来ればもうあと一歩のところまできていますよ。

楽しく働きながら毎日を過ごしたいなら、今踏ん張って転職に乗り出すしかないですよ!

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-職種・業種

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.