女性の転職活動

定時で帰れる女性向けの仕事なら事務職で決まり!月収20万以上稼げて安定的!

更新日:

今の仕事に不満があって辞めたいと考えている人。給料が上がらなくて、月収20万円も稼いでいない人。

なんとなく働き続けているけれど将来が不安で仕方がない・・・。そんな人は事務職へ転職することで、今の状況が一変するかもしれません

 

安定的な仕事として事務職というのは人気が高い。しかし事務職は給料が低い、そう思っていませんか?

事務職の給料が低いと勘違いしている人は、意外と多いんです。事務職であっても月収20万以上稼げる仕事。しかも定時で仕事を終えることができる。

 

今回は、そんな安定的で高収入な事務職へ転職する方法について、詳しくみていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

月収20万で年収300万が大きな壁

事務職で働く女性

日本全体の平均的な年収を調べてみると、女性の場合、年収100万~200万の分類が最も多いと調査に出ています。

出典:平成27年分民間給与実態統計調査結果について

 

これはあくまで平均的な値ですが、その次の年収200万~300万と合わせて考えると、正しい値と言えるでしょう。つまり、年収300万を越えている人は、一部の人で少数派ということです。

仮に月収20万だとしてもボーナスが出たとしても年収300万は少し届かない。手取り額を考えると、月に20万も稼げていない層が圧倒的だということです。

でも月に20万でも足りないと思っている人は多いはずです。

 

特に女性の場合、ファッションや化粧品、美容関連のことだけ見てもお金がかかります。

毎月のやりくりだけで精一杯で、貯金をすることができない。そんな悩みを抱えている人が多いはずです。今の仕事を続けていても、年収がアップする可能性はかなり低いでしょう。

下手すれば給料が下がってしまうことだってあるはずです。

毎年保険料も値上がりして、せっかく給料が上がっても相殺されて同じ給料のまま。そこで給料だけが上がらないと、手取りのお金はどんどん下がっていく一方です。自分から動かないと、世間の水準に合わせてどんどん貧しい生活を送る羽目になります。

そうなる前に、勝ち組と呼ばれるような高給取りの仲間入りをすべきなんです。

 

一般的な事務職の給料

一般的な事務職の給料は、正社員で考えた場合でも平均すると20万円以下。あまり高い部類の職業でないことは一目瞭然です。

派遣社員で事務職をしている人もいるかもしれませんが、正社員を超える月収をもらえている人はいないでしょう。

事務職の仕事内容は、多岐にわたるもののそれぞれの仕事の難しさはそこまで難しくないはずです。

 

細かい雑務のような仕事内容ばかりで、人手が足りないとしても期限がないような業務もあるので、たんたんと仕事をこなす。

電話やメールの対応、資料整理したり、郵便物をまとめたり、公的機関で勤めたとしても基本的には同じような仕事。よくよく考えてみるとそういった仕事で高給となると、誰もが殺到するでしょう。

ある意味仕事内容に見合った給料とも言えるんです。

 

一般事務職で月収20万以上稼ぐ方法

一般事務職で月収20万以上稼ぐとなると、よくある一般事務の仕事とは別の選択肢を選ぶ必要があります。

通常とは異なる一般事務職とはどんなものなのか見ていきましょう。

 

事務職以上の役職に就く

中小企業の小さな会社なら、事務職を兼ねつつも役職に就くことが出来る場合があります。

仮に総務職になれば給料は上がります。事務の仕事と他の何かを兼ねるという方法です。

もちろんそれだけの社会人としての能力は必要にはなります。

人をまとめる仕事に必要な能力だったり、会社を育てるために必要な知識は求められるでしょう。事務職は長期で務める人が多いので、だんだんと年齢的にも古株になり、自然と高い役職に就きやすい。

そこを狙って、あえて会社の規模を選ぶことも1つのポイントです。

 

将来的なことを考えて事務職に就くのであれば、入社する時に会社の規模も考えておくとベストです。古くから続く会社の場合、既に自分が就きたいポジションに別の人が担当している可能性も高くなります。

それよりもまだ新しく小さな会社で、事務職の仕事を始めれば、数年後には経理職の中でもトップに立つことも不可能ではありません。周りの人と競争する必要がないので、最低限の能力さえあれば、消去法で自分が選ばれるからです。

 

外資系企業に転職する方法

外資系企業についてご存知でしょうか?

外資系企業というのは、海外に本社を構える企業が、日本支部として展開しているような企業のことです。つまり資本が潤沢にあるので、それだけ給与も高い水準になります。

 

一般事務職でも給料が比較的高めに設定されているので、採用されればその時点で年収アップが確約されるということです。

月収20万以上も十分可能で、ボーナスはもちろん昇給の可能性も残されています。海外の企業ということで英語が必要というイメージを持っているかもしれませんが、事務職であれば不要です。

日本語だけしか話せないとしても問題はありません。

 

ただし、それだけ事務職としての能力もそれなりに問われます。

自分に仕事の能力の自信を持っている人は、チャレンジしてみることをお勧めします。今まで事務職をしていてキャリアアップをしたいという人も、可能性は残されています。

年収アップのためのキャリアアップを考える時、外資系企業で働くという選択肢を持っておきましょう。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-女性の転職活動

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.