転職する前に考えること

飛び込み営業が辛くて辞めたい人に伝えたい転職するメリット

更新日:

営業職のなかでも、飛び込み営業が中心の人。正直きつくないですか?辛い思いをしていませんか?

特に始めたばかりの新入社員であれば、飛び込み営業によって迷惑をかけないか不安になっているはずです。

相手の人も仕事をしているにもかかわらず、それを邪魔して時間を割いている。断られるのがわかっているのに、自分が悪いことをしている様な気持ちになってしまいます。

1日に何件もあっても全く契約が取れる気がしないし、これを続けていくことに自信が持てない。飛び込み営業の仕事のノルマは精神的に大きな負担を強いられます。

 

飛び込み営業の仕事に悩んでいる人、希望が持てない人。

そんな人に、転職するメリットをお伝えしていきます。

 

 

スポンサーリンク

飛び込み営業の仕事の過酷さ

飛び込み営業で働く男性

飛び込み営業による仕事は、過酷で不安定な仕事です。なぜなら給料がその成果によって決まるからです。

飛び込みという言葉からしても、既に安定的でないことが分かるはずです。そもそも営業と言う時点で確実性は低い仕事。飛び込み営業の場合は、全く関係のない人にアプローチするということ

いきなり電話をかけたり、いきなり会社に訪問するわけです。

 

他人の迷惑を気にしない仕事

あなたが逆に飛び込み営業される側になるとよくわかりますよ。飛び込み営業がどれだけ迷惑か。

いきなり何の関係もない人から、営業をかけられるとどう思いますか?しかも仕事中にです。時間はもちろん、話を断るために嫌な思いをさせているんです。

これが現代の飛び込み営業の不安定さ。そんな仕事をし続けても未来はないんです。

 

飛び込み営業の仕事は離職率が高い

成果型報酬の仕事は、制約する数を増やせば増やすほど給料があがります。

普通のサラリーマンは、どれだけ頑張っても毎月20万から30万あたりが平均です。成果型報酬の仕事の場合は、月に100万を越えることもザラです。ただし、誰もがそんな成績を出せるわけじゃないですよね。しかも同じ会社に所属しているライバルもいます。

それに対して客となる人や会社は限られている。それによって成績を伸ばせないことで、どれだけ働いても成果が出せずに仕事辞める人が多い。つまり離職率が非常に高い仕事なんです。

 

不安定な仕事をいつまで続けるのか?

今仮に成績が出せているとしても、それをそのまま何十年も続けていると思いますか?30代後半までうまくいったとしても、その後も続けなければ意味がありません。

その時点で別の選択肢を探そうと思っても、他の仕事をする能力が身についていないので、つぶしも効かずに路頭に迷うことになります。

そんな厳しい世界で頑張るよりも、少しでも若いうちに別の選択肢を選ぶべきなんです。今気づいたのであれば、まだ間に合うはず。将来のためにもっと安定的で稼げる仕事に就くべきなんです。

 

未経験OKの別業界でも転職は可能

これまでと全く違った仕事で、安定的で稼げる仕事を探す場合、これまでの業界にこだわりすぎると選択肢が狭まってしまいます。自分に経験がないからと言って勝手な思い込みで業界を絞ってしまうと、また同じような苦しみながら稼げない仕事を選んでしまいます。

今の時代、未経験でも別の業界で転職する難易度が下がっています。20代ならかなり豊富な選択肢が用意されています。なぜなら継続して仕事をするのが苦手な世代が多いからです。

 

飛び込み営業していた経験が活きる

飛び込み営業の仕事って過酷ですよね。この経験は他の転職者にはないスキルなんです。精神的に鍛えられた強い人材ということ。

  • 仕事の内容がつまらない
  • 人間関係の問題で揉めた
  • 仕事に飽きた

こんな風に、簡単な理由で仕事をすぐに辞めてしまう人がとても多い。

そんな人達に比べて、営業職の人はコミュニケーションにおいて優れていて、なおかつ度胸もある。そういう人達って、たとえ未経験の業界でも引く手あまたの人材なんです。

 

未経験であっても、これからの成長度合いが期待される人材であれば、すぐにでも採用したいという会社が山ほどあります。会社側も採用にコストと時間をかけて行ってみるものの、応募してくる人材のなかで採用したい人材はごくわずかなもの。そんな中で期待できる優秀な人材が来れば、すぐにでも雇いたいわけです。

技術やスキルは、時間をかければ誰にでも習得できることがわかっているので、後は人間性の部分によるところが大きいんです。

 

どんな仕事でも最終的には人間関係が重要。営業職であれば、対人スキルはかなり高いことも大きなメリットです。会社の中の人をまとめる能力も高いので、管理職としても優秀な人材。外部の会社とのやりとりの面でも、触れていけない部分もよくわかっていて、相手の出方をうかがいながら、こちらの対応も柔軟に行える。

会社としてかなり雇いたい人材なんです。世の中にある会社としてはひっぱりだこな営業職の経験者。

 

後は会社と良い人材がマッチングするためには、あなたが動くはどうかだけです。出世すれば安定的な仕事でありがなら高い給料をもらえるようになります。無理して飛び込みの営業を続ける理由ってあるんでしょうか?

 

安定的で年収が大幅にアップする会社の探し方

安定的な仕事で年収もアップする仕事を探すなら、探し方も重要です。転職活動が初めての方であれば、転職エージェントについてご存知ない人もいるかもしれません。

 

転職エージェントは転職サイトと違って、エージェントの担当者と一緒になって転職活動を進める方法になります。転職活動をいざ始めるときに転職サイトを見ていても、正直言って全く会社の中身を想像できないんですよね。

そこで自分が不安に思っていることだったり、次の会社はどんな業界や職種が良いのかについて相談することができます。

面接が苦手な人でも、担当者と模擬練習することもできるので、内定確率も1人で活動するより明らかに高い。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-転職する前に考えること

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.