派遣社員・契約社員

派遣社員と正社員の違いとは?非正規雇用のメリットとデメリットを徹底解説

更新日:

仕事をする場合、基本的に会社と契約するわけですが、雇用形態によって労働条件や待遇面に大きな差が出てきます。

これから初めて仕事をしようとしている新社会人の人、もしくは今現在仕事をしていて別の選択肢を選ぶために転職を考えてる人は、どちらの雇用形態を選ぶべきか悩んでいるかもしれませんね。正規雇用と非正規雇用でそれぞれメリットとデメリットがあります。

自分に合っている雇用形態はどちらなのかしっかりと理解しておくことで、仕事に就いてからのギャップがなく悩みを抱える問題にあらかじめ対策することができるでしょう。

 

今回は派遣社員と正社員の違いと、非正規雇用のメリットとデメリットについて詳しく見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

派遣社員として働くメリットとは?

一般的な派遣社員のイメージは、社会人として働いているけれど会社に正規に雇われているのではないため、将来的に不安を抱えているといったイメージでしょうか。

実際のところいつ契約が切られるかわからないという点においては、将来の安定性は低いです。ただし、派遣社員にもメリットがないわけではありません。

 

正社員を目指す過程の1つとしてとらえる

例えば、正社員を目指す上でひとまず派遣社員として働く方法があります。

雇用形態は違っても仕事の内容は同じプロジェクトに参加して行う場合、ほとんど違いはありません。正社員にしか任されないような領域もありますが、与えられた仕事をこなす責任や、その業界で必要な仕事の能力や知識を身に付けることができます。派遣社員としての働きが認められる場合そのまま正社員への登用も考えられます。

正社員へのステップアップを見据えた派遣社員であれば、無職で仕事をしないことに比べれば社会人として真っ当な活動をしていると言えます。

 

目的がなければ無駄な時間を過ごしているだけ

正社員になれないからフリーターとして生活している人は、職務経歴として何も残らないままです。

派遣社員としてでも働いて実際の経験を積むことは無駄にはなりません。その他にも、自分にその仕事があっているのか確かめるために、いきなり正社員ではなく派遣社員として働いてみる選択肢もあるでしょう。

中途半端に仕事を辞めることは無責任なのでやるべきではないですが、契約期間でその仕事が自分やっているのか見極めることはできます。

 

派遣社員として働くデメリット

派遣社員として働くことのデメリットは、やはり給与面が大きいでしょう。

正社員であれば、継続して働くことで年収も徐々に上がっていき、任される仕事も大きなものになっていくでしょう。そういった待遇面での期待がなかなか難しいのが派遣社員。

安い賃金で長い期間働いても生活していくのがやっとでお金を貯めることもできない。長期間の間、派遣社員として働くことはあまりお勧めできないです

 

空白期間に対する言い訳

短期間で契約が終わってしまうと、次の案件に携わるまでに空白期間ができてしまう可能性もあります。

数ヶ月働いて1ヶ月休んでまた数ヶ月働くといった、職務経歴の場合、転職活動を行う場合の書類選考などでも気になる部分です。何か問題があって仕事を続けることができないと思われかねません。良く言えば、フットワークが軽くどんな仕事でも対応できると言えますが、悪く言ってしまうと責任のある仕事に携わらずに雑用に似た簡単な仕事しか任せられない人材になってしまう。

派遣社員として働く場合、しっかりと自分の中で期限を決めて将来的にどこを目指すのかしっかりと考えるべきです。

 

正社員で働くメリットとデメリット

派遣社員に比べて正社員にはどんなメリットとデメリットがあるのでしょうか?正社員として働くメリットはその安定性の高さでしょう。

 

定年まで安定して働ける

会社の経営が安定していて存続する限り基本的にはそのまま定年まで働くことができます。自分なりに成長していく必要はありますが、最低限の生活をしていくだけのお金を稼ぐことができます。

そのうちどちらが上がっていけば管理職の仕事に就くことができて、役員などの重役としての立場を任される可能性もあります。そうなればさらに年収アップしてどんどんキャリアを上げていけるというわけです。

そんな将来性が確保されているのが正社員で働くことの大きなメリットでしょう。

 

人間関係に変化がない

しかし正社員にもデメリットがあります。

まずは人間関係の固定化です。基本的に毎年新入社員が入るような会社であっても、同じ部署の人間はほとんど入れ替わることはありません。何十年勤めても同じ人間関係で仕事を回していく必要があるため、嫌な人間がいてもビジネスと割り切って付き合う必要があります。

その点フリーランスや派遣社員であれば自分が気に入らなければその案件をやめれば良いだけです。

 

また、あまり努力しなくても働き続けることができる会社であれば、自分自身が全く成長しないまま給料をもらって年齢だけが高くなっていくことになります。万が一会社が潰れてしまったり、仕事の評価や人間関係の問題でリストラされてしまうと転職先が見つからないまま路頭に迷ってしまうことになるでしょう。

正社員だから安心して成長しなくなりやすい点は、デメリットと言えるでしょう。

会社の人間関係の面倒くささは異常!仕事でのストレスをゼロにするための対策方法とは?

 

派遣社員か正社員のどちらを選ぶとしても将来についてしっかり計画しておくべき

年齢ややりたい仕事の内容、業界によって、派遣社員か正社員のどちらで働くべきかは違ってくるでしょう。

自分なりにしっかりとリスクを把握した上で、派遣社員として働くならいつまで働くのか?業界に慣れるために働くのか?正社員を狙って行くのか?といったことについてしっかりと考えて仕事を選んでください。

正社員の道を選ぶのであれば、安定しているとはいえそこで停滞しないように、しっかりとキャリアを高めていけるような働き方を意識すべきです。

 

どちらの道を選ぶとしても将来についてしっかり考えた上で、どんな対応もできるように常にアンテナを張って自分の将来を計画していきましょう。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-派遣社員・契約社員

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.