職種・業種

ゲーム業界に未経験で転職するための方法とは?

更新日:

時代は移り変わって今の時代は、子供達に人気のある職業のランキングの上位に、ゲームクリエーターという職種が入ってくるような時代になりました。

ゲームは特に子供に人気で、小さい頃からゲームを楽しんできた人たちも多いと思います。そんな中でも、本当にゲームのことが好きで自分も制作に関わってみたいと考える人もいるんです。

はじめからゲーム業界を狙う人もいれば、何かのきっかけでゲーム業界に入りたいと思うこともあるでしょう。

 

今回は、未経験でありながら、ゲーム業界に参入することはできるのか?

ゲーム業界に転職するための方法について解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

未経験でもゲーム業界に転職することはできる

ぐっと親指を立てる男性

ゲーム業界に興味を持っている人であれば、これまでのゲーム業界の歴史にも詳しいことでしょう。

家庭用ゲーム機や、ゲームセンターなどでしかゲームは遊べなかったところから、パソコンが普及したことによって、PCゲームも開発されるようになりました。

さらにスマートフォンが普及したことによって、スマホのアプリによるゲームも大流行しています。そして直近ではVRによるゲームがこれから勢力を広げようとしています。

ゲーム業界自体もどんどん成長しているんですね。昔よりも、ゲーム業界に参入しやすくなっているんです

 

ゲーム業界はクリエイター人材不足

逆に考えるとクリエーター不足とも言えます

少なくとも人材が余っているような事はありません。となれば、あとは自分が仕事に携わるだけの能力を身に付けることが、できるかが問題になります。

ゲーム業界で、自分がどんな仕事に携わりたいかにもよります。しかし、とりあえず何でもいいからゲーム業界に関わりたいのであれば、その選択肢もかなり広いです。開発の仕事がしたいけれど、絵も書けないしプログラムもできない、音楽も作ることができない。

そんな人でもプランナーとしての仕事が残っています

 

プランナーに技術は必要ない

プランナーはゲームの仕組みを考える仕事。プログラミングやグラフィックデザイナーに必要なスキルや知識は必要としない仕事です。

もちろんゲームを考えるために、これまでのゲームについて詳しくて、さらにそこから新しいものを生み出すことができなければいけませんが、それはこれまでゲームをしてきて培ってきたものでカバーできるはずです。

これから専門学校に通って絵の勉強や音楽の勉強、プログラムの勉強をしなくてもプランナーとしてなら、すぐにでも参画することはできます。もちろんこれらの特殊なスキルが必要とする仕事も、1から勉強して努力するつもりがあれば採用してもらえる可能性も残っています。

 

ゲームの知識を持っていることが重要

ゲーム業界に一番必要なことは、ゲームの経験や知識を持っていること。

これまでどれだけゲームをプレイしたり、過去のゲームに対する知識が蓄積されているかが、開発に大きな影響を与えます。

 

特にスマホゲーなどはまだまだ歴史が古いので、実戦経験のないプログラマーでも即戦力として採用される可能性はあります

直接ゲームの開発に関わらなくても良いのであれば、ゲームに関する情報の記事を書いたり、会社の広報としてゲームの魅力を伝える仕事など、ゲーム業界に関わる仕事はいくらでもあります。

今の仕事に不満を持っていたり、新しくゲームの業界に興味を持って転職してみたいと考えている人は、自分がどの職種で活躍できそうか考えてみるのをお勧めしますよ。

 

スマホゲーム開発が狙い目?

ひと昔前のゲーム開発といえば、コンシューマゲーム開発がメインでした。

しかし、今の時代のメインはスマホゲーム開発です。

スマホゲームで有名どころといえば、パズドラのガンホーや、グラブルのCygames、ミクシィ、グリー、DeNAなどでしょうか?まだまだ挙げ始めればキリがないですね。

もちろん有名じゃない小さな会社でも、スマホゲーム開発は行われています。

一発当てれるチャンスがあるのが、スマホゲームのメリット。個人でアプリ開発して、ドカンと稼いでいる人もいます。

つまり、未経験から参入するのに、かなり狙い目なのです。

有名な会社なら、次のヒット作品を作るための開発人材を募集しているはずですし、これから新しく開発しようとしている会社も、どんどん増えています。

ゲームにこだわらず、アプリ開発でもいいなら、さらに間口は広いですよ。

 

各社の人材募集ページ一覧

 

ゲーム業界はブラック業界なの?

暗いオフィスで働く男性

ゲーム業界はよくブラック業界と噂されることがあります。

特に昔の時代であれば、かなり無茶をしていた伝説なども残っているので、今の時代もそういったことがあると、不安になる気持ちはわかります。一部ではブラック企業のような、厳しい労働環境の会社もあるでしょう。それはゲーム業界に限らず、決められた日までに納めなければいけない納期がある仕事であれば、どんな仕事でも同じです。

自分たちが作ったものに対してこだわりをもって、最後まで質の高い製品を作りたいという気持ちがあれば、夜遅くまで残って開発をすることもあるでしょう。

 

ゲームは発売されれば、その後何年も残り続けることになります。後であの時こうしておけばよかったと思っても、修正することができない。そのために出来る限りのやれることをやりきるという意味で、厳しい労働環境に近い状況になるんです。

ただし、最近のソフトはインターネットのおかげもあって、アップデートという方法が可能になっています。

バグがあってもソフトアップデートしてリリースすることで、問題を修正することができるんですね。もちろん納期に合わせて最高のものを作り上げるという点は、変わりないですが、細かいミスについてはリリース後に修正できる余裕ができました。

つまり労働環境的も少しやわらいだということです。

 

それでも次から次に新しいプロジェクトが始まるので、忙しい仕事であることは間違いありません。自分の好きなことを仕事にすることができるのであれば、ブラック企業と感じないかもしれませんね。

その辺りはあらかじめ覚悟しておく部分もあるのは間違いありません。

 

未経験からゲーム業界に転職する際にやっておくべきこと

これまでゲーム業界で働いていた経験が全くないという人で、開発の仕事がしたい場合は転職の成功の可能性を高めるためにやっておくべきことがあります。

それは自分の作品を作ることです。

 

どれだけ能力が高いことを証明しても、自分の作品がなければ採用するときに評価が下がってしまいます。評価が下がるというよりもライバルに見劣りしてしまうんです。

あなたの他にもうゲーム業界を希望する人はたくさんいます

そんな中で採用できる枠に収まるだけの人材しか確保できないので、絞り込む必要があります。

そこで未経験同士の人材を見比べた時に、自分の作品を作ったことがある人は魅力的に映ります。その作品のレベルが低かったとしても、自分で作品を作ったことがない人に比べて経験値が違うんです。

作品を作ることの苦しみも知っていて、作り上げることの大変さも体験している。それだけでも業界に近づくために一歩リードしていると言えるんです。

 

もし自分の作品を持っていないのであれば、今すぐにでも作り始めましょう。プログラマーであればスマートフォンのゲームができるアプリであれば、最近の流行なので評価も高いでしょう。

実際に面接の場面で見せることもできるので、何か作品を持っておくことをおすすめします。

 

専門学校に通う必要はあるのか?

ゲーム業界に入ることを考えたとき、専門学校の存在が気になる人もいるはずです。

ゲーム専門学校で有名な学校もたくさんありますよね。お金に余裕があれば、専門学校に通うのも1つの選択肢ではあります。

しかし、絶対に必要かと言われればそんなことはありません。

社会人から仕事を辞めて、ゲーム専門学校に通う人もいますが、結局のところ実力は専門学校レベル。

さらに、専門学校は2年制がほとんどで、就職活動は2年目にはスタートしていなければいけない。となると、たった1年間習ったことで挑戦するわけです。

 

私の友人もゲーム専門学校に行った人が何人もいましたが、結局就職できた人は、元々スキルを持っていたり、自分でゲームを作っていたような人。

つまり、あんまり関係ないんです(笑)むしろ、未経験で採用してもらえるのに、無駄な時間を過ごす可能性の方が高いと言えます。

 

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-職種・業種

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.