職種・業種

大手ゼネコンを辞めたい人が転職するコツとは?

更新日:

建築業界でも、一括で業務を請け負うゼネコンで働いている人。

大手ゼネコンの有名どころでは、大成建設や大林組、鹿島建設など多数のゼネコン会社が存在しています。建築業界の大手の企業で勤めることができれば、一般企業の大手企業と同じく安定した収入を得ることができます。

しかし、この業界で要求される労働レベルは尋常ではありません。大規模なプロジェクトをスケジュール通り進行させるために、あらゆることを犠牲にしなければいけません。

残業も当たり前で、休みが突然潰れてしまうこともあります。年功序列の縦社会による体育会系の職場環境は、一つ間違えればブラック企業と遜色ないレベル。この厳しい仕事の環境に耐えきれずに、仕事を辞めたいと考える人がいてもおかしくありません。

ゼネコンで働いていて仕事を辞めたいと感じていますか?ゼネコンから別業種に転職することは可能です。

 

今回は、大手ゼネコンを辞めたい人が転職するコツについて解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

ゼネコン業界の労働環境の厳しさ

都会の大きな建築ビル

土方で働く人を見ればわかりますが、建築業界は力仕事の業界。体育会系出身の人たちが就職する道として選択する人が多いわけです。

まず単純に圧倒的な体力勝負の仕事というわけです。体力に自信のある人たちが集まっている中で競い合うように働くため、そこについていけなくなれば、一目見て仕事ができないとわかってしまう。

誰でも、数日や1週間、1か月程度なら頑張ることはできるでしょう。しかし仕事をしていく上で何年にもわたって継続していかなければいけない。そうなった時に長期的な目線で体力仕事を継続していけるのか?そこが大きなポイントになります。

 

毎日同じ作業を繰り返していてそれがこの先も続くのかと考えた時に、気持ちが沈んでしまう様な人は向いていない仕事なのかもしれません。

 

 

ゼネコン業界から離れて別業界に移る選択肢はあるのか?

建築業界で働く場合、どの会社で働いてもそこまで労働環境は変わらないでしょう。ゼネコンの仕事が嫌になった人は、できれば別の業界に移りたいと考えるはずです。

でも建築業界で働いてきた経験値しかなく、他の仕事をできるとは思えない。そのため会社を辞めたいけれどを我慢しながら働き続ける人もいます。

 

しかし、本当に別の業界に移る選択肢はないのでしょうか?

実は、未経験で正社員採用している会社も存在します

 

過去に、その業種に関する知識を勉強していなくても、仕事の経験がなかったとしても、採用してもらえる場合があります。むしろ、仕事を全くしていない人に比べれば、最低限の社会人としての職務経歴がある点においては、有利に立てます。

大手ゼネコンということであれば、大企業に勤めた経験があるということ

その優秀さを買われて、同じような大きな会社で、管理職に就いたり営業の仕事に就いたりと、可能性は未知数です。

体力的には全く問題ないので、バリバリ仕事ができる人材ですし、体育会系のノリの中で仕事をしてきたのであれば、普通の会社の仕事は、難なくこなすことができるでしょう。

ゼネコン業界から離れて、別の業種に移る選択肢はあるということです。

 

 

自分にどのような仕事が合うのか考える重要性

転職する時に、労働環境や条件面だけで、仕事を選んでしまう人がいます。働かないことに比べれば、できるだけ早く、仕事に就こうとすることは良いことです。

しかし、また次の転職先で同じように、会社を辞めたくなってしまうと意味がありません自分がどのような仕事であれば、会社を辞めずに続けることができるのか?

それを考えることが重要なんです。

 

ゼネコン業界を辞めたいと思った理由も、深く掘り下げれば、不満に思っていたことが浮き上がってくるはずです。

  • 休日が確実にとれる仕事が良いのか?
  • 残業がない職場が良いのか?
  • 年収に対して追求したい思いがあるのか?
  • 同じことを繰り返すようなルーティンワークの仕事が良いのか?
  • それとも仕事内容が次々に新しく新鮮な内容になるような仕事の方が良いのか?
  • 人間関係は固定化されているよりも、新しい人達と関われる仕事が良いのか?

こんな風に自分の求めるものが、分析によって出てくるはずです。

 

デスクワークをしたいのか?

外回りをして人付き合いをメインにしたいのか?

しっかりと考えておかないと、転職が成功したとしても、不満が出ることになるので注意しておきましょう。

 

転職のプロに相談しながら転職情報を集める方法

転職について情報を集める場合、ハローワークや転職サイトの求人を探す方法が一般的です。

しかし、どこから手をつけていいのか検討がつかず、悩んでしまったり、時間が必要以上にかかってしまう人もいるはずです。

そんな時に頼りたいのが、転職エージェントです。

転職エージェントの担当者は、転職のプロです。無料でカウンセリングや、相談に乗ってもらうことができるので、転職理由を考えたり、面接の準備や書類選考の準備も、同時におこなってもらう事ができます。

 

転職先を本気で探したい人におすすめのエージェント

・DODA - ⇒転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。
・リクルートエージェント - 業界最大級の非公開求人数!転職支援実績は累計41万1,000名以上。⇒【リクルートエージェント】
・マイナビジョブ20's - 20代第二新卒専門の転職におすすめ!⇒20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-職種・業種

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.