職種・業種

未経験からIT業界に転職するための方法を徹底解説!

更新日:

今の仕事が自分に合っていない・・・。もっと別の新しい業界で働いてみたい・・・。仕事をしていて、違う業界に転職してみたいと考えることってありますよね。。

そんな中で、パソコンをメインとしたIT業界に興味を持っている人

でもIT関連の経験が全く無い・・・。自分のような未経験の人間でも、IT業界に転職することって、果たしてできるのか?

 

今回は、未経験からIT業界に転職する方法について、徹底解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

IT業界の職種の豊富さ

IT業界といっても、その職種は多彩です。

  • プログラマーのようなひたすらコードを打ち続ける人
  • Webとしてサイトの企画を考える人
  • チームをまとめる人
  • 絵をデザインするwebデザイナー
  • サイトへの集客方法を考えるSEOに携わる人

すべてIT業界と言えます。

 

最近だとスマホアプリも流行っていますよね。

グーグルなどで集めた大量のデータを分析して、サービスに活かそうとする人などもいます。

こんな風に、IT業界にも、さまざまな職種が存在するんです。

しかも、これからまだまだ増えていきますよね。

数年前まで存在していなかった仕事が、どんどん出てくる可能性があるのが、IT業界のメリットとも言えるでしょう。

つまり、それだけチャンスがひそんでいるということでもあるんです。

 

未経験者でも狙い目なのがIT業界

これからまだまだ新しい職種がどんどんと誕生する業界。

常に新しい技術や情報を学び続ける必要はあります。

しかし、逆に考えると、最低限のit知識とパソコンスキルさえ身につければ、新しく参入しやすい業界でもある

 

インターネットを使った、新しいビジネスやスマホとの連携によるサービスなどに興味がある人は、これから学習していけばまだまだチャンスはあります。

子供達も、小学校からパソコンを使って、知識を身につけています。

 

今後どんどん新しいITの技術が発達してくれば、今までにない職種が、新しく出て来ることになります。

最先端の技術を扱う能力がなくても、IT業界として最低限の知識や業界経験を少しでも積んでおく。

そして、それらを扱った事業を行う企業などで働く機会に、巡り合うチャンスをつかむこともできるんです。

 

未経験からIT業界に転職するための方法

では、未経験からIT業界に転職するには、どうすれば良いのか?

 

未経験OKの募集している会社探す

未経験からIT業界に転職したい場合。

未経験OKの募集をかけている会社を探しましょう。

なぜなら、未経験者を育てていくつもりがあるということだからです。

 

もちろん最低限it業界に興味を持っている必要はあります。

パソコンを触ったことがないレベルであれば、少し厳しいかもしれません。

ですが、自分なりに調べたり、勉強していく姿勢を持っているのであれば、採用してもらえる可能性は十分あります。

20代であれば、さらに採用される可能性は高いでしょう。

私の知人だと、30代に入ってから全くの未経験だったのにもかかわらずプログラマーとして働いている人もいます。

 

成長していく姿勢を見せることの重要性

IT業界は日進月歩の業界。

いくら現時点ですごいスキルを持っていたとしても、継続して勉強する気がない人は価値がないんです。

それよりも、今はレベルが低くても常に勉強していく姿勢をみせれば、そちらの方が価値が高い。

未経験からIt業界に転職したい人は、自分も成長する姿勢を強くアピールしましょう。

 

IT業界で働くときに注意したいこと

IT業界で働くときに注意したいこと、最低限守っておきたい事などついて、解説しておきます。

 

継続して学ぶ必要はある

技術や情報などが常に変化して、新しいものがどんどんと入って来る業界。

技術の進化に合わせて、必要な知識を学ぶ姿勢がなければ、すぐに置いていかれることになります。

内容の難しさというよりも、継続する難しさが目立つ業界と言えます。

基本的にはIT関係が好きなら問題ないはずです。

しかし、それ以外の理由でこの業界に入ってこようとしているのであれば、注意しないとすぐにまた転職する羽目になります。

 

パソコンが苦手じゃないこと

これは当たり前ですが、パソコンは絶対に必須の業界です。

IT業界に興味はあるけど、パソコンが苦手なのはNG

克服する必要はあります。

最近のスマホ世代の人はパソコン離れが強く、普段パソコンを触らない人も多いと聞きます。

できれば自分用のパソコンを持っておいたほうが良いでしょう。

 

パソコンは確かに場所も取りますが、今のPCはかなり薄くて小型のものもありますし、値段も安いものなら3万円代~購入できるもので十分仕事は出来ます。

ただし、おそらく日本だとWindowsのパソコンが主流です。

デザインなどのスタイリッシュな仕事でない限り、Windowsに慣れておく必要があります。

Windowsの基本的な操作や細かいことに慣れておくと、仕事で単純なことで困る場面は少なくなるでしょう。

 

自分に合わない現場はなるべく避ける

IT業界といってもその中での幅は広いものです。

いくらIT業界に興味があったとしても、自分に合ない現場というのもあります。

業界に入ってすぐの頃だと、自分で現場を選択することはなかなか難しいですが、可能であれば自分に合わない現場はなるべく避けるべきです。

スキルが合ったとしても、興味が持てないところで働きつづけると、モチベーションも下がって学習意欲も続きません。

常に自分が何に興味を持っているか意識しておいて、その方向に特化できるようにスキルを高める必要があります。

 

未経験でも採用されるIT企業の探し方

未経験でも採用してくれるIT業界の会社を探すとき、ハローワークなどで探す人もいますが、もっとおすすめの方法があります。

できるだけ年収が高く、良い環境で働きたいのであれば、この会社選びはとても重要なもの。

これを知らずに調べる人が多いですが、ぜひ利用すべきですよ。

 

IT専門の転職サイトを利用する

IT業界を探すなら、IT専門の転職サイトを利用しましょう。

ハローワークよりも、はるかに情報が見やすく各企業の違いも明確です。

 

担当者と一緒に探すなら、転職エージェントを利用する方法もあります。

まずは登録してみて、どちらが自分に合うかチェックするのもおすすめです。自分に合うやり方で探すのが、一番ストレスなく転職活動を進めるコツですよ。

 

SNSで直接アプローチする

未経験でも、IT関連にスキルに自信がある方なら、SNSなどを通じて入社したい会社の技術者に対して、直接アプローチする方法もあります。

意外な方法に感じるかもしれませんが、実際にSNSを通じて就職や転職を決めている人も多いです。

直接アプローチする場合、窓口の形式的な方法と違って、より詳細なやりとりができます。

そこで実際の実力を見せることができれば、スキルに問題なく即戦力として採用される可能性は、十分あります。

プログラミングに関しては、独学の要素が大きいため、こういった方法が可能なんですね。

自信のある方は、是非試してみることをおすすめします。

ダメだった場合でも、どこがダメなのかが明確になるので、前進していることに違いはないはずです。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-職種・業種

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.