転職する前に考えること

転職のリスクは高いのか?転職しないリスクの方が高い?

更新日:

転職することを考えたことがあっても、すぐに自分には無理だと諦めている人がいます。

転職のリスクを計りかねているんですね。

転職って結局リスクあるのか?逆に転職しないほうがリスクがあるんじゃないのか?

悩むのは、転職の実態が見えないからですよね。私の意見としては、リスクもあるがメリットも大きいということです。

転職という手段はそれほどに有効なものなんです。我慢して苦しい環境で働き続けるのは日本人だけ。社会的なイメージに支配されて、逃れるすべを知らない人が圧倒的に多い。

 

今回は、転職のリスクと、転職することのメリットについて詳しく迫ります。

 

 

スポンサーリンク

転職することのリスクとは?

転職しようか悩んでいる男性

転職のリスクとは、再就職できない可能性がある点です。

再就職できなければフリーターとして生きていく羽目になる。収入は大幅に減って、社会的な立場もなくなります。

つまり、キャリアパスの失敗の可能性があることがリスクと言えます。

 

転職のリスクの解決方法

再就職できない可能性という点については、条件次第でいくらでも対応できます

仕事が見つからないという話をよく聞けば、自分の中でかなり複雑な条件を抱えている場合がほとんどです。全ての条件を満たす仕事や会社を見つけるのは、至難の技。どんな人であってもパーフェクトに恵まれた環境で働くことは難しいです。

 

なんとか仕事を辞めずに働きつづけている人は、自分の中で絶対に譲れないものに対して優先順位をつけて、それを満たす会社や仕事で働いているわけです。

この問題に対しては自分の中で同じように優先順位付けをして、最低限譲れないものさえ決めることができれば、再就職を成功させる事は出来ます。

 

転職しないリスクとは?

今度は逆に転職しないリスクについて考えてみましょう。

定年まで不満を抱えたまま仕事をするリスク

会社する組織は変化しにくいのが特徴です。つまりあなたが感じた不満は、定年まで働いたとしても解決しない可能性が非常に高いです。

あなたが社長か、役員クラスにまで上りつめないと、組織や会社の規定を変えることはできないのです。給料の不満にしても、仕事の内容にしても、人間関係にしても、自分でコントロールできるものは何一つありません。

そこまで我慢して働くことができるなら、転職しなくても良いかもしれません。

しかし、30代から40代、50代と何十年にもわたって不満に耐え続けるのは、相当きついですよ。

 

倒産やリストラされる可能性

仮にあなたが我慢したまま働き続けたとしても、会社自体がなくなる可能性はあります。

そして、リストラされる可能性もあります。

せっかく我慢して会社に尽くしたのに、ある日突然退職の道を迫られる。

これまで我慢した日々は何だったのか?と考えても、会社という組織は理不尽です。個人の事情を顧みずに、決断は下されるでしょう。

退職金がもらえず、その頃になって転職を考えても高齢に近い年代では、転職の難易度ははるかに高くなっています。

 

後で転職したくなってもできない

転職の決断を遅らせると、転職の成功確率はどんどん下がっていきます。

20代なら、どんな会社にもアプローチできるでしょう。30代でもまだまだ活躍の時期です。しかし、40代、50代になって転職したいと考えても、受け入れてくれる会社は数少ない。

自分の能力に自信がない人は、会社を辞めてしまうと再就職はできないでしょう。

高齢になってからフリーターになるのは相当きついです。体力的にも精神的にも厳しい状況になるのは間違いありません。

そこで後悔しても時すでに遅し。決断が遅い人は、転職しなかったことを必ず後悔することになるでしょう。

転職した人が後悔している5つのこと。失敗から学ぶ後悔しない転職術

 

転職の決断を遅らせるな!

かつて就職氷河期と言われた時代、求人倍率がみるみる下がり働きたくても、どこも採用してくれないし、ニュースとして取り上げられるほど就職難の時代でした。

しかし、リーマンショックなどの問題を乗り越えて求人状況は改善されつつあります。むしろ人材が不足している業界は増えていて、若者の職場離れが問題になるほどです。すぐに仕事を辞めてしまうので、また一から教育し直さなければいけない問題を抱えながら、新しい人材を探し求めている企業。

そこに対してうまくマッチするように自分自身をアプローチすることができれば、内定獲得もすぐでしょう。

 

転職に成功しているライバル達

そのことに気づいたライバルの転職活動者達は、どんどん内定を決めていますよ

内定がもらえるかどうかは早い者勝ちなので、できるだけ早く行動したものが有利になります。いつまでも同じ状況で苦しみ続けている人は、転職に関する情報を調べることもしないまま、現状が改善することを祈って同じ様な毎日を送り続けます。

一方、本気で今の仕事が嫌でやめたいと考えている人は、行動に起こします。闇雲に会社に応募するのではなく、いま自分が何に対して不満に思っているのかを分析して、それを解決してくれる会社や仕事を選んでアタックする。

この両者でどちらが成功するのかは言うまでもありません。

 

情報不足であることが自分を不安にさせ、自分が持つことができるはずの選択肢さえ奪ってしまうのです。

転職活動を始めるに当たって、考えるべきことや準備することはそれなりに大きなものです。一気にやろうとしても体力も精神も続かずに、すぐに投げ出してしまうでしょう。

それよりもコツコツ少しずつ情報を集めて、イメージしながら自分にできることを探っていく。興味のある業界が見つかればその業界について調べてみたり、足りないスキルや知識があればそれを補おうと努力する。ポジティブで自分の人生を前進させてくれるような、前向きな活動こそが今の状況を変える唯一の方法だと理解できているんですね。

あなたはどちらを選択しますか?選択するもしないも自分の責任ですよね。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-転職する前に考えること

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.