フリーター・ニート

高卒の無職が正社員として会社に就職する方法とは?

更新日:

一般的に大多数の人が、「大卒」で会社に新卒入社します。しかし世の中には高卒の人もたくさんいますよね。

大手の企業になると、書類選考の時点で高卒の履歴書は落とされてしまいます

家庭の事情でお金が足りなくて大学に通えなかった人。高卒ですぐに働きたかった人。そんな人達は、派遣社員として働いたり、フリーターとして会社に所属せずにアルバイトで生活している人もいます。

ただし、正社員でないと生活面で苦しい場面を強いられることになります。しかも将来的な保証もないまま、不安を抱えた状態で働き続けなければいけません。

 

無職ともなれば、さらに正社員として働くことは難しい。そう考えるのが一般的な考え方であることは間違いありません。

しかし、高卒で無職だとしてもまだ正社員として会社に就職する道は残されています

 

今回は、高卒の無職が正社員として会社に就職する方法について、ご紹介したいと思います。

 

 

 

スポンサーリンク

高卒で職歴なしから正社員を狙う方法とは?

会社の職場

正社員として働いた経験がなくても、まだ正社員になる可能性は残されています。20代であればさらにその可能性は高いんです。

なぜなら、成長性という面では、正社員として働いている人とそう変わりないからです。

 

20代での成長性は正社員としての採用に有利

もし20代の前半で25歳までであれば、かなり優遇される場合もあります。というのも世の中にある会社には、30歳の未経験者を雇っている会社もあるからです。

なぜ30歳で未経験なのに正社員として雇ってもらえるのでしょうか?

昨今の若者の職離れの激しさもありますが、会社に長く留まって働いてくれる人材がかなり減っているんです。その影響もあって、20代であれば40歳、50歳になっても働いてくれる人材は貴重な人。仕事は誰でも数年間かければ覚えることはできます。

折角長い間かけて育てた人材に途中で止められるよりも、長い間きっちり働いてくれる人の方が嬉しいんです。

 

あなたが雇う側の立場になったとして、お金をかけて採用活動してようやく人を雇ったのに、たった1年もたたずに辞められると、また一から教えていかなければいけない。そんなことを繰り返しているうちに、会社にいる人間はどんどん年齢を重ねていってしまいます。

若手と中間の年齢層のいない会社は、正直将来的に長くは持たない会社でしょう。そんなこともあって、未経験というのはそこまで問題視されないんです。

下手に他の会社で何年か働いて、その会社の仕事のやり方が染み込んでいて、新しいことを覚えようとしない人もいます。間違っているのに自分のやり方を信じて仕事をされると、仕事が進まないどころか問題わかり発生して業績に影響が出る可能性もあります。

会社としてそんなリスクが高いことは怖くてできないです。

 

フリーターのままでいるリスクとは?

フリーターの気楽さっていいですよね。

フリーターと言う仕事は責任が少なく、辞めようと思えばすぐに辞めることができます。その割には1ヶ月で稼ぐことができる金額も、フルで働けば20万を超えることも可能です。そんなこともあって10代や20代の人は、フリーターとして生活している人も少なくありません。

しかしフリーターの気楽さにもリスクはあります。これはしっかりと理解しておくべきです。

 

今はまだ若いので問題がないように見えますが、30代に入ると同じようにフリーターで生活し続けるのは難しい。体力的にもそうですしお金の面でも、いつまでたっても同じようなことを繰り返して、生活レベルも全く上がっていかない。

会社で働くのは自分に合っていないと思っている人もいますが、まだブラック企業で働いた方がマシな生活を送れるかもしれません。フリーターは今はいいかもしれませんが、必ず後で後悔する可能性が高い。

年功序列の時代が終わって、1つの会社で働き続ける時代ではなくなりましたが、それが正社員でなくて良い理由にはなりません。

転職した人が後悔している5つのこと。失敗から学ぶ後悔しない転職術

 

正社員として働く方が実は簡単

会社で働いたことがないと、会社で働くことの不安は必ず持ってしまうものです。

でも、実際に働いてみると思っているよりも楽なものです。正社員に対する悪いイメージをなくすことも大切ですよ。

 

フリーターから正社員になったときの経験談

私も働いたことがなかった時に、会社に入って働くことが嫌で、学校卒業してから何年間かアルバイトだけで生活していたことがあります。

その期間は、精神的にも肉体的にも、かなり辛い状況だったのを覚えています。フリーターとして働きながらも、就職活動をしていて、無事正社員として働くことができたとき。

まず思ったのは、「会社員はこんなに楽なのか・・・」ということでした。

 

お昼休みなんかで会社が近くにあるような場所に行くとよくわかります。気楽そうに働いているサラリーマンばかりが歩いているんですよね。働き始める前は、せめて休憩時間だけでも楽に過ごそうとしているんだと思っていましたが、実際は違ったんです。

仕事の中身も大したものじゃなくて、学校の授業のように適当に時間を潰せばお金をもらえるような立場の人も大勢います。定時になればいつでも気楽に帰れるような人たちは、楽そうで本当に羨ましいです。

そんな立場に自分がなれないと思っているかもしれませんが、正社員として働く可能性はまだまだ残されていますよ。

 

未経験のフリーターから正社員を募集している会社の探し方

未経験から正社員の就職を探すのであれば、未経験者歓迎の求人に対してアプローチすべきです。

転職支援サービスのプロによる無料相談を受けることで、細かい疑問や悩みを気軽に質問することもできます。

ここではおすすめの転職支援サービスについてご紹介しておきます。

 

第二新卒エージェントneo(18歳~28歳が対象)

第二新卒エージェントneo

出典:https://www.daini-agent.jp/

 

既卒、第二新卒、大学中退、フリーター、未経験の方を対象にした就職・転職支援サービスが第二新卒エージェントneoです。

エージェントneoは完全無料で利用可能

転職活動の手段を少しでも増やしておくべきですよ。

  • ブラック企業を除外した求人情報
  • 未経験の職種への就職・転職でも担当者が書類添削サポート
  • 企業担当による面談対策

他にも、通常の転職サイトを利用するよりメリットが大きい点があります。

ただし、対象年齢が18歳~28歳となっているので、年齢対象外の方は別の転職サービスを利用しましょう。

 



【第二新卒エージェントneo】

 

ハタラクティブ


ハタラクティブ


レバレジーズが運営する第二新卒・既卒・フリーター特化型転職サイト。未経験業界の転職支援の実績は40,000人以上。

年中無休で24時間サポート受付しています。

 

求人サイトに掲載されない非公開の求人リストを掲載

未経験OKの求人も多数存在していて、未経験OKの求人だけで1000件以上も。

実際に会社まで直接訪問して精査した企業なので、求人票から見えない情報もしっかりと把握できます。

独自のカウンセリングによって自己分析をすることで、自分に合った業界や職種を把握することで、やりたい仕事が見えるようになり、転職後のマッチングを高めています。

 

未経験業界でも内定率が高い

能力に合わせた業界選びによって採用確率を高めるアプローチを重要視。

会社に合わせた面接対策の重要性を認識しているので、後輩のためのフィードバックをもらいさらなる内定率をあげる取り組みが特徴です。

業界ごとに特色を分析して、将来性や成長が期待できる会社かどうか見据えた上での仕事を選択。

そうして重ねてきたこれまでのカウンセリングの実績は40,000人以上にも及びます。

 

フリーターの就職なら!【ハタラクティブ】



 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-フリーター・ニート

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.