職種・業種

長く続けられる仕事や職種に転職するための方法とは?

更新日:

長く続けられる仕事って、魅力的ですよね。

人生において基本的に働いている期間というのは、20代から60代までの約40年間になります。その中で会社を転々と移り変わっていく人もいますが、一つの会社で働き続ける人もいます。

しかし、基本的には一つの会社で長く働きたいと思う人が多いでしょう。

転職するとしても書類を準備して書類選考を通過して、面接を受けて内定をもらうという審査を受けなければいけません。新しい仕事でうまくいくかどうかも分からないし、人間関係もうまくいくか保証がない。同じ仕事を続けることで仕事の能力も上がって、自分にできることが大きくなっていく。

そう考えると、できるだけ長く働ける職場に就くメリットがあることも確かです

 

今回は、できるだけ長く働ける職場に転職するための方法について、ご紹介していきます。

 

 

スポンサーリンク

長く働ける職場は自分が何を求めているかで決まる

職場の不安を抱える女性

なぜ仕事を辞めたくなるのかというと、我慢できない限界が来るからです。人によって仕事に求めるものは違いますが、それでも3つのポイントに絞ることはできるでしょう。

 

年収が低い問題

一つ目は給料の問題です。

理想を言えば年収が高いに越したことはありませんが、そこはあくまで理想です。何も年収1000万もらえないからと言って我慢できずに辞める人はいないでしょう。

それよりもあまりにも低すぎる年収の場合。生活していく上で最低限必要なお金を稼ぐことさえできない場合は、別の仕事をせざるを得ないということです。

毎月の手取り額が15万以下ともなると、年収としては200万以下です。ボーナスが出ることもないでしょう。今の時代は将来はどうなるかわからないですし、年金の保証もあるかわかりません。

できるだけ若いうちに稼いでおきたいところですが、年齢が上がっても年収が上がる期待が全く持てないのであれば、長く働くことは難しいでしょう。

ボーナスが出ない会社は転職すべき!賞与なしの会社のデメリットとは?

 

人間関係の問題

2つ目は人間関係の問題です。

給料は問題なくても、一緒に働く人間関係が悪ければ長く働くことは難しいでしょう。職場の人間関係はそれほどに重要なものです。

毎日顔を合わせて一緒に仕事を進めていく人間が、顔も見たくないような人では仕事も捗らないでしょう。気持ちが落ち着かずに、イライラしながら頭の中でぐるぐる考え続けて仕事をすることになります。その人が上司であれば、逆らうこともできず言い返すこともできずに、悩み続けることになります。

 

他人を変えることはそう簡単ではないですし、相手も社会人としていい大人です。自分の非を認めることができないプライドも持っていることでしょう。

人間関係の問題で会社を辞める人は多いです。それは改善することが難しいからなんですね。長く働くためには良好な人間関係を保つ必要があります。

しかし、合う人間と合わない人間がいるように、相性によって決まるところも大きいです。それでもビジネスとして割り切って、敵対するような人間関係にはならないようにすることができるはずです。

そんな理想を求めて別の会社を探す人もいます。

 

仕事の問題

三つ目は仕事の内容です。

仕事を始める前は、自分がやりたいと思っていた仕事だったのに、実際に仕事を続けていく中でだんだんと興味が薄れてきた。仕事というのは常に向上心をもって努力し続けなければ、そこで停滞してしまいます。自分の能力が向上せずに、新しい知識も取り入れないようになってどんどん周りに置いていかれることになります。

しかし本人にはやる気がないので、取り残されてしまう。

仕事を長く続けるには自分に合った仕事を見つける必要があります

20代後半や30代に入っても未経験の業界に飛び込む人がいるのは、自分に合った仕事を見つけることができていないからでしょう。たとえ20代や30代だとしても人生の中で働く期間としては、まだ最初の段階。そこから先のことを考えると未経験の業界だとしても、地道に経験を積んでいけば40代になる頃にはその業界についてかなり詳しくなっていることでしょう。仕事も十分できるようになっているはずです。

はじめに選んだ仕事が間違っていたとしても、まだまだ仕事を変える余地は残されている。早く気づけば気づくほど後々よかったと後悔しないで済むでしょう。

転職した人が後悔している5つのこと。失敗から学ぶ後悔しない転職術

 

長く働ける職場を見つけるための方法とは?

ここまで見てきた中で、それぞれ自分が長く働くために必要なことについて認識できたと思います。複数の問題が合わさっているケースもあるでしょう。

自分がどのレベルなら我慢できるのか?理想としてはどうなりたいのかをしっかりと頭の中で常に考えるようにしておきましょう。考えないことにはたどり着く可能性は低いままです。理想が高ければ高いほど、実際の到着ポイントも高くなることでしょう。

ここでおすすめの長く働ける職場を探す方法をご紹介しておきましょう。

今まで見てきた問題について、おそらくこれまでも、自分の中で少なからず考えてきたことはあるはずです。しかし1人で考えてしまうと、考えがまとまらずに結論が出ないまま悩み続けている人もいるんじゃないでしょうか?

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-職種・業種

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.