年収・給料

手取り13万で正社員の人が転職を考えるべき理由とは?

更新日:

毎月の給料が13万円しかもらえていない人は、生活に困っているはずです。いくら景気が悪いからといって毎月13万じゃ生活していくのも相当大変です。将来のことも考えると少しずつ貯金してお金を貯めて行きたいところですよね。

おそらくですが、手取り13万では貯金することは難しいでしょう。

家賃と食費をかなり削っても7~8万はかかります。光熱費や交通費などの雑費用なども入れるとすぐに10万を越えてしまうため、ほとんどお金は残らなくなります。正社員として働いているにもかかわらずこの給料の低さは信じられないですよね。

自分の好きなことに給料を使いたいと思いませんか?何を買うにしても迷うことがなくなるだけでも、幸せに生活できるようになります。そうです。お金を稼ぐことが今の現状を大きく変えるためのきっかけになるんです。

 

少しでも生活水準を高めるために、毎月の給料が安い人が、転職によって年収を上げるための方法について、詳しくお話していきましょう。

 

 

スポンサーリンク

手取り13万は低収入なのか?

悩みを抱えている男性

手取り金額の少なさで有名なアニメーターの仕事でも、給与が低い20代前半の若い世代で月給15万が平均です。それでも相当厳しい状況に変わりはありませんが、それよりもさらに低い水準ということです。正直言ってアルバイトした方がまだ稼げますよ。

アルバイトの時給換算で計算すると、時給850円のバイトで1日8時間働けば、6800円。平日だけ働いたとしても20日換算で、13万6000円です。土日のバイトや夜勤帯のバイトであれば、さらに時給が高いのでもっと稼ぐこともできます。

サラリーマンの給料・年収の平均給与は20代・30代・40代・50代でどう違う?自分の給料が低すぎる人は早く気づくべき!

 

自分のやりたい仕事に就くことができていて、今の仕事を辞めたくないと思っているかもしれません。イラストレーターなどの芸術職であれば、夢のある仕事ですし一発当たれば大きく稼ぐことができるかもしれません。それでも年齢が高くなるにつれてリスクが高まります。

普通の仕事をしていて手取り13万の場合も、この先年収が上がっていくとは思えません。

まずは手取り13万の異常さについて再認識しておきましょう。もっとお金を稼ぐことができる同じような仕事は、探せばあるはずです。

 

転職することで給料を上げることはできる?

キャリアアップと聞くと、エリートだけが実践できる転職術のように聞こえるかもしれませんね。でもキャリアアップは、誰にでもできるものなんです。

要は給料が上がればどんな転職もキャリアアップですからね。

しかも、月の手取りが低いほど、キャリアアップを実現するのは簡単です。なぜなら一般的な手取り額よりも低い時点で、他の仕事を選んだ方が給料が高い可能性が大きいからです。

18歳の高卒でも、初任給の平均月収は16万程度、短大でも17万、大卒なら20万以上と、最低でも15万は越えてきます。転職を考えているのであれば、おそらく20歳以上の年齢の方がほとんどでしょう。20歳を超えていて手取り13万はさすがに低いです。

あなたは自分に選択肢がないと考えているかもしれませんが、そんなことはないはず。先入観から思い込んで、転職について調べたことは、ほとんどないんじゃないでしょうか。

 

世の中にどんな職業があって、どんな業界と会社があるのか、もっと調べるべきなんです。自分には関係ないと思っている仕事こそ、意外とやってみると楽しく感じたり、働いていても辛くないことはよくある話。そして給料も上がれば何も言うことはありませんよね。

仕事をするのも年齢や周りの状況から流されるように仕事を始めたかもしれません。

しかし、働いて稼ぐということは、もっと自発的になるべきですよ。

自分から行動を起こして、狙ってお金を稼いでいく姿勢は、とても重要な考え方。意識が変われば行動が変わって仕事に反映される。働いている人は皆同じように見えますが、自分を守るために最低限のお金を稼ぐことは、社会人としての責任を負う気持ちが強ければ当然のこと。

今までの自分に、そういった気持ちを持つことができていなかったのであれば、今から自分を変えましょう。

 

どんな仕事や業界があるのか調べてみるべき

今自分がやっている仕事以外に、どんな仕事があるのかイメージするだけでも、自分にできる選択肢が広いかが分かるはずです。自分がまだまだ知らない仕事があるということを知るだけでも、情報を取り入れることのメリットを感じることができるでしょう。

体力的な仕事で言えば、最近ニュースでも問題になっている配達業界の仕事。再配達などで、なんども同じ場所に荷物を運び続けているような配達ドライバー。ドライバーでいえば、タクシーやバスの運転手などは、高齢になっても働いている方たちも多いです。

 

店舗で販売しているスタッフや、大型電気店で商品について詳しく説明する店員、食事処で料理を作っている料理人、工場に勤務して働く職人や、公的機関の役員、警察官。会社の事務や経理の仕事、営業職として様々な製品やサービスを提案する仕事、プログラミングや英会話、翻訳、携帯電話サービス、車の整備士、など。

こんなものはまだまだ一部に過ぎませんが、どんな仕事でも未経験であっても仕事を始めることができます。これらの仕事についている人は、最低でも手取り15万以上は確実に稼いでいるでしょう。

自分にできる仕事や業界について興味を持てるものがないか調べてみることをお勧めします。

楽な仕事を探したい方はこちらを参考に。

楽な仕事17選!女性向け・精神的に楽な仕事を徹底解説!

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-年収・給料

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.