年収・給料

手取り14万しか稼げないなら転職を考えるべき!転職すれば年収300万以上は余裕で稼げる!?

更新日:

一生懸命働いているのに手取りで14万しか稼げていない。そんな状況はありえないですよ。

14万円なんてアルバイトでも余裕で稼げる金額。社会人として働いているのに14万しか稼げないというのは、何かが間違っています。

 

あなたは自分が悪いと思っているかもしれませんが、騙されています。もし仮に転職したとすれば、年収300万以上は最低でも稼げます

年収300万以上となると、最低でも月収20万以上もらえるでしょう。月の給料が5万円も増えるんです。しかもそこから、さらに伸びしろも十分にある。働き続けていれば、将来的には改善されるだろうという考え方も危険です。

給料の低い人材はリストラされる可能性も高い。今ならまだ間に合います。転職を考えて人生をより良いものにすべきじゃないでしょうか?

 

今回は、手取り14万しか稼げない状態から、転職するだけで年収を大幅にアップできることについて解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

月の給料が14万という異常さ

給料の低さに厳しい顔をする男性

何度でも言いますが月給は手取りで14万というのは、異常すぎます。1ヶ月に20日間出勤するとして、1日に1万円も稼げていないんです。

時給1000円のアルバイトでも、10時間働けば1万円稼げますよね。アルバイトよりも単価が低い状態なんです。

サラリーマンの給料・年収の平均給与は20代・30代・40代・50代でどう違う?自分の給料が低すぎる人は早く気づくべき!

 

残業代が当たり前の会社

おそらく手取りが低い会社なら、残業は当たり前にさせられているはずです。8時間労働に2時間残業すれば10時間。2時間残業なんて普通にやってしまっているんじゃないでしょうか?

おそらく残業代は出ていないでしょう。残業代をもらえていればどれだけ通常の給料が低くても、手取り14万という安さにはならないはずです。

そう考えれば手取り14万の異常さがわかるでしょう。休日出勤させられているとすれば20日も越えている。そんな状況は異常と言わざるを得ないのです。

 

いかに自分という人材を安くこき使われているか

辛い状況にある人は、おそらく周りの社会人の基準も見えていないでしょう。同じ会社の人達は境遇が同じなので、自分だけがわがままを言うわけにはいかない。そう考えてるかもしれません。

しかし自分で気づかないと抜け出せないんです。

大抵の人は相当追い詰められなければ気づけない。でも、そうなってからでは取り返しがつきません。できるだけ早く気づくことが現状を変えるために必要なんです。

 

会社によって給料の最低基準は決められている

手取りが低い状況は、あなたが選んだ会社が悪い可能性が非常に高い。会社によって最低基準の給料は決められています。

つまり、ブラック企業でなければ低すぎる給料にはならないのです。

社会人であれば、新卒でも最低18万の給料はもらえるものです。転職して入ったとしても20万以上はもらえる会社もあります。もしあなたがそんなはずはないと思ったのであれば、選ぶ対象にしている会社に問題がありますよ。

 

自分にはそんな優秀な会社に入ることができない?

自分にはそんな優秀な会社に入ることができない。こう考える人もいます。これも大きな間違いの1つです。

会社を探す方法に大きな誤りがある。おそらく自己流で転職活動をしている人。探し方を変えるだけで、転職活動の質も大きく変わります。

 

後ほど説明する転職エージェントを利用した転職活動であれば、その最低限の給料ラインをクリアしている企業一覧を簡単に手にすることができます。

誰もやってしまいがちな転職活動では、ブラック企業に就職してしまう可能性がある。

そのためありえないような給料の会社に転職してしまうわけです。

 

30歳前後でも年収アップは十分に可能

20代後半や30代に入ってしまっている人は、今から転職しても給料が上がらないと考えているかもしれません。

しかし、実際はそうではありません。20代後半こそが最も年収アップしやすいというデータもあります。

 

年収アップ成功者の集計データ

参考:年収アップ成功者の集計データ

転職エージェントのDODAが集計したデータにも、平均で50万以上年収がアップしたという事実があります。

 

このデータによると、転職によって年収をアップさせた年齢分布は20代後半~30代前半が最も人数が多かったのです。年収アップさせるための転職には、それなりにスキルが充実していて仕事ができる人じゃなければいけないというイメージが強いです。

 

でも、実際はそれだけではありません。企業としてはどうしても必要な人材がぽっかり空いていたり、急な事情で社員が辞めてしまう場合もあります。新しいプロジェクトに必要な人材を採用しなければいけないこともあります。

そんな時は社風に合う人材であることがもっとも重要。仕事の能力は普通にこなすことができれば問題がない。

つまり、マッチングしていればそれで良いということです。自分にチャンスがないと思っている人は、もったいないんです。

 

転職活動は思っているほど難しくない

転職活動について難しいというイメージを持っている人も多いです。

しかし、転職活動はそこまで難しくないんです。何故かと言うと、各段階においてしっかりと確認されながら選考が進むからです。

 

転職活動はまず書類選考に始まります。この時点で採用基準に合わない人材であれば、面接に進むことはないんです。採用する側の企業としても、そんな無駄な時間を使っている暇もコストもありません。

できるだけ無駄を省くために、書類選考に前に挟んでいるのです。ということは、選考通過すれば見込みがあるということ。面接までこぎつけることができれば、後はマッチングするかどうかだけです。

 

数をこなしたほうが有利に立てる

正直言って数をこなす方が有利です。

恋愛でも同じ考え方ができるはずです。好意を持てる人がいたとして、付き合うまでに食事やデートを重ねるはずです。そこでお互いが納得いって初めて付き合う。合わないようであればそこから連絡を取り合うことはないはずです。

このアプローチの数が多い人ほど恋人がいる可能性が高い。もしくは付き合う人のハードルを下げるかどうかのどちらかです。

 

月の給料が低いということはハードルを下げすぎているんです。

最初から諦めずに、アプローチの数を増やせばあなたが必要だと考える会社は必ず存在しています。後は見つけることができるかどうか次第ということです。

 

転職エージェントを利用したおすすめの転職活動方法

もし転職することを考えるのであれば、転職エージェントを利用した転職活動をおすすめします。

よくあるのが、転職サイトで上からだらだらと調べてしまう人。正直そんな方法では転職の成功は程遠いです。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-年収・給料

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.