年収・給料

正社員で手取り15万ってどうなの?手取り20万以上の会社に今すぐ転職する方法

更新日:

まだ学生で仕事を始める前の頃は、なんとなく手取り20万円はもらえるとイメージしていませんでしたか?

手取り20万円は、暗黙の最低ラインの給料。正直20万でも余裕のある生活ができるわけじゃないですよね。自分の趣味のことや、ファッション、ちょっと贅沢な外食をすればすぐになくなってしまう程度のお金です。そんな少しの贅沢さえ許されないのが、手取り15万という世界。

正直、新卒や仕事の経験年数が浅かったとしても、手取り15万はかなり不満が残ります

 

一人暮らしをしたくても、手取り15万だということで諦めている人もいるでしょう。車を持っていれば駐車上なども借りることができないので、1人で生活するための自立も難しいまま実家暮らしを続けている。そんな人もいるんじゃないでしょうか?最低でも手取り20万は達成したいですよね。いや18万でもいいです。

 

今回は、正社員でありながら手取り15万という実態について、詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

手取り15万なら年収200万以下

あなたの給料が手取り15万だとすると、年収200万以下の給与帯ということになります。

年収200万って、下手なアルバイトより年収が低いですよ。

ボーナスがでても年収300万にはほど遠い。手取りが20万あって、ボーナスが年に2回ある場合。ギリギリ年収300万に届くといったところですね。

ただし、ボーナスが出るような会社は、新卒でそれなりの会社に就職が成功した場合のみでしょう。世の中にはボーナスが出ない会社もたくさんあります。手取り20万にするだけだと、年収300万には届きません。

正社員として働いているのに、この低年収・・・。もっと稼ぎたいと思うなら、別の仕事を探したほうが良いですよ・・・。

ボーナスが出ない会社は転職すべき!賞与なしの会社のデメリットとは?

 

そもそも手取り15万円の時点で会社自体を疑うべき

会社に入って最初の給料もらった時に、その手取りの金額の低さに驚いたはずです。

「え・・?さすがに給料低すぎないか・・・?正社員だぞ?」

正社員は雇用保険などの待遇もあって、手取りはそんなものとうまくごまかされた人も多そうですね。

 

しかしさすがに手取り15万は低すぎます

新卒で正社員でその金額であれば、自分が入った会社が間違っていたかどうか疑うべきです。

会社としてはもっと給料を出せるのに、あえて絞って給料を出さないようにしている。もしくは上位職の人間だけが搾取して、下にいる人間が苦しむ構造の会社でしょう。そもそも業績が悪いなら、将来性が全くない会社ということ。

こういった会社でいくら働き続けても、給料はずっと上がらないままですよ?10年、20年経った後にようやく人並みレベルの給料になれるかどうか。そこにたどり着くまでに会社を辞めさせられている可能性の方が高いでしょう。

 

手取り20万以上の転職ならすぐにでも可能?

転職にもキャリアアップと言う方法があります。年収を上げるために、あえて難しいレベルの高い会社に転職を目指すというものです。これは能力の高い人だけができることで、自分にはできないと勘違いしている人がかなり多い

 

給料が低すぎる人が、人並みレベルの給料に引き上げるためにも、転職は有効な手段の1つです。

世の中の会社の数は数百万単位。そんな中からたった一つたまたま選んだ会社の待遇の悪さに苦しみ続けるのって、なんだか馬鹿みたいと思いませんか?

あなたの会社のすぐ隣の会社では、みんな楽しそうにもっと楽に仕事をしているのに、あなたより給料を待っている人が大勢いるんです。仕事の能力でいえば、あなたよりもかなり能力が低いにもかかわらずです。

 

なぜこんなことが起こるのか?それは単純に入った会社が違うだけです。間違った経営者が運営する会社に所属してしまったということです。

 

会社を変えると仕事の内容や人間関係だけが変わると思っていますか?転職は全てを変えます。転職経験者が語るのは、「もっと早く転職すればよかった」ということだけです。詳しく話せないのは、話すだけのことが何もないから。会社が変わったとしか言いようがないんです。

 

私の友人もあまりにも低い給料に嫌気がさして、ついこの間転職を成功させました。高い年収とは言えないですが、ごく一般的な給料のクラスにはなったと喜んでいましたね。

もちろんお金がたくさんもらえるに越したことはないですが、それは高望みというものです。自分にそこまでの能力がないことはわかっている。

だとしてもあまりにも給料が低すぎる。そう思っているなら、別の選択肢を選ぶことができることを知ってください。

 

年収アップ成功者の集計データ

参考:年収アップ成功者の集計データ

転職エージェントのDODAが集計したデータにも、平均で50万以上年収がアップしたデータが統計として出ています。

 

仮にあなたが今すぐ決断して行動したとすると、最速で1ヶ月か2ヶ月後には月給手取り20万越えになることも余裕でできます。さすがに30万となるとハードルは上がりますが、20万ならありえないほどの選択肢の広さに逆に悩むくらいです。

もし本当に月給をあげたいなら、まずは情報を集めないことには話が始まりません。

 

手取り20万以上の会社の探し方

手取り金額20万以上の会社を探すときに注意したいのが、他の人がやるような同じ方法で探すこと。ライバルと同じやりかたをできるだけ避けた方が、より条件の良い会社に巡りあえる確率は高いです。

手取り20万を狙えば、最悪手取り18万以上は確実に狙えます。今より給料が高くなることは間違いないでしょう。

そのためには、転職サイトで探すのではなく転職エージェントを利用すべきなんです。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-年収・給料

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.