転職理由

新卒入社1年目でも転職するべき理由とは?

更新日:

新卒入社してまだ1年目なのに、もう仕事が嫌になっている。入社して1年目で辞めるのが早いことは、言われなくてもわかってますよね。

周りの人に相談しても、「まだ1年しか仕事してないのに辞めるの?」と反対意見しか出てこないでしょう。

確かに理由がはっきりとしていないまま仕事を辞めるには、1年という期間は短すぎます

しかし、自分の中で仕事を辞めたい理由がはっきりしている場合は、逆にできるだけ早く転職した方が良いです。むしろ1年も続けているなんて長すぎるくらいです。

学校卒業してからある程度の期間は、第二新卒としてのチャンスも残っています。結局どの仕事を選ぶかは自分の責任次第です。今の仕事の辛さも自分にしか分からない部分が大きいはずです。

 

今回は、新卒入社1年目で仕事が嫌になっている人が、転職するべき理由とその方法について詳しく見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

学校卒業してから3年間までは第二新卒としての資格を持っている

重要なことを伝える男性

第二新卒という条件についてご存知でしょうか?

新卒入社して1年目で辞める人は、まさにその対象となります。学校を卒業してから3年未満で、入社した会社を退社した人は第二新卒という扱いを受けます。これは企業側が良い人材を確保したいために取り入れられているものです。

 

実は、新卒入社しても3年以内に仕事を辞めている人の数は、かなり多いんです。さらに1年以内に絞っても、その数は圧倒的。

これらの人たちは全て仕事ができない社会不適合者になるのでしょうか?いいえ、そんなことはありません。世の中にある会社全てが正しいわけではないんです。

第二新卒におすすめの転職エージェント6選【2018版】

 

新卒入社する会社が合わない理由とは?

会社という組織も人が作り上げたものです。

人の役に立ちたいと考えて会社を立ち上げたのか、ビジネスのために会社を立ち上げたのか分かりませんが、所詮は人の集まりに過ぎません。家族経営の会社であれば、他の会社で経験を積まずに、そのまま会社の重役として働いている人もいるでしょう。新卒入社してそのまま働き続けている人もいれば、どこかの会社から転職してきた人もいる。

そんな人たちが集まった会社の組織は、それぞれの会社で全く環境は異なります

 

会社が自分に100%合うわけがない

社風と呼ばれるように、会社独自のルールを作り上げている会社もあります。体育会系のノリが強い会社もあれば、大人しい人たちの集まりの会社もある。

入社した会社に合わない時に自分に問題があると考えがちです。しかし本当にそうでしょうか?世の中にある会社の数から考えても、自分に合う会社を引く確率はもしかすると宝くじを引くよりも可能性は低いかもしれません。

あなたが入社する会社を選んだ時に、実際に働いている現場に訪ねて、働いている人たちと話をして、どんな労働環境か把握した上で会社を選びましたか?

そんなことないですよね。仕事内容だってよくわからないまま、何となく自分が学んできたことに近い分野の会社に就職活動をしてみた。そんなところではないでしょうか?

 

周りが就職活動を成功させていくなかで、取り残されないようになんとか内定をもらえる会社を探した結果、今の会社に新卒入社した。そんな選び方では、自分に合う会社と巡り会える確率はかなり低いでしょう。

たまたまうまくいく人もいるのかもしれませんが、同じように自分に合わないと感じる人がいて当然なんです。基本的に一度入った会社は辞めにくいものです。

特に新卒入社した会社であれば、失敗したくない気持ちが強く経験も浅いため、社会に適合できない恐れから辞めることを決断できない人は多い。

そこに対する救済としての意味も踏まえて、第二新卒という枠が設けられています。

 

第二新卒枠を絶対に利用すべき

無知と言うのは恐ろしいものです。自分が第二新卒の対象であるのに、それを知らずにハローワークで求人を探してしまうと、最悪ブラック企業に入社してしまいかねません。先ほどから説明しているように、そもそも会社にいきなり合う可能性が低いことを認識しておきましょう。

 

だらだらと仕事を続けてしまうと、逆に仕事が辞めづらくなります。仕事が嫌だとしても、辛い状況だとしてもなんとか我慢して仕事を続ける人もいます。状況は変わらず、常に仕事を辞めたいと思いながら仕事をしている人は多いです。

下手に続けてしまうことで、多少仕事ができるようになるので、辛いながらも何とか継続できてしまう。その状態が最も危ういのにもかかわらずです。

 

ある程度継続して会社勤めをしてしまうと、辞めるタイミングを失って30代に突入することになります。

私の友人にも常に仕事を辞めたいと嘆いている人がいるんですが、30代に入ると転職が成功するか分からない不安から、今の会社で頑張るしかないと言っています。会社の体質はこれまで長い年月をかけて作られているので、そう簡単には変わりません。

まず人が入れ替わらないので、大きな改革はありえない。仕事内容もチャレンジし続ける様な会社でなければ、同じような仕事内容を継続していくことになります。会社が安定していれば、それを崩すリスクは誰も抱えたくないので変化もない。むしろひどくなっていくリスクの方が高いでしょう。

 

新卒入社して1年目の段階で気づけているのであれば、むしろ喜ばしいこと

第二新卒の対象であるうちに、別の会社に移ることに成功すればその決断は人生において最良のものになるでしょう。自分がどこに身を置くかで、人生のほとんどは決まったようなものです。

あなたの嫌だという感覚を信じて、今しかできない決断をできるだけ早くするべきです。いきなり決断できないのであれば、少しでもそれに近づくための情報を集めることだけはしておくべき。

いざという時に緊急で動こうとしても準備不足で動けなければチャンスを逃してしまう。自分を守るために、行動を起こすしかないんです。

 

新卒入社1年目での転職まとめ!

新卒入社1年目で転職するための方法についてまとめてみました。

入社1年目という短い期間は、ある意味チャンスです。短すぎることを気にする必要は全く無いでしょう。

あなたに反対意見を言う人は、おそらく転職経験のない人。

仕事を変えることについて何も知らないし、会社と言う組織がどう成り立っているのかも理解していない。自分に問題がないから他人に対して偉そうに発言することができるだけです。

 

自分自身の悩みは自分が一番知っているはずです。周りの人の言うことを聞いてはいけないですよ。自分が辛い状況を誰も助けてはくれない。自分の選択肢を知ることが何よりも重要なんです。

第二新卒として転職活動を考えようと思う人は、厳選した転職エージェントのまとめについてご紹介しておきます。

第二新卒での早期転職を成功させる転職エージェントの選び方!

 

自分の決断が正しかったんだと証明するためにも、今の状況を変えるための情報を集めるためにも、今すぐ行動を起こしましょう。

人生を変えるための選択肢は自分で掴むしかないですよ。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-転職理由

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.