転職する前に考えること

転職先が決まってから退職すべき理由とは?

更新日:

会社を辞めようと考えているのであれば、次に働く会社で先に内定を決めるべきです。これは、次の会社で働くまでに少し休みたいと考えていたとしてもです。

人生においてリスクを負わないためにも、これは必須事項です。下手に空白期間を作ったことで、再就職できない人がいっぱいいるんです。

 

今回は会社を退職する時は、次の会社を見つけてから辞めるべき理由について解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

転職先が決まってから退職すべき理由

すぐにでも会社を辞めたいと考えている人は、退職することしか頭にないかもしれません。

実は私自身、転職経験があるのですが、転職する前の会社を突然辞めることになりました。辞めるまでの期間は2週間。とにかく精神的にきつく耐えられそうになかったので、次に働く仕事のことは何も考えていませんでした

そのときは全てから解放されたい気持ちだけでしたね。この選択が後々自分を苦しめることになります

 

先の休むことが間違った選択になる

とりあえず3ヶ月何もしない。そう自分の中で決めていました。3ヶ月経ってから転職活動を始めても遅くないだろうとタカをくくっていたんです。

しかし実際は、門前払いばかり。書類選考で落とされ続け、面接にこぎつけるのも一苦労。面接でも退職してからの空白期間について何もしていなかったと答えると、採用担当者の顔は曇り結果は不採用。

この時点で相当まずいということに気づいたんです。余裕ぶって休んでいる場合じゃなかった・・・。辞めた後すぐにでも仕事を探すべきだったと後悔したことを覚えています

 

仕事が見つからない状況での不安は相当きつい

いざ仕事が見つからない状況におちいってしまうと、相当焦ります

無職という世間体はあくまで一時的なものと考えていた。それがずっと続くとなると話は違ってきます。

もちろんお金の問題もそうです。ある程度貯金に余裕はあったものの、いつまで決まらない状況が続くかもわかりません。この先が見えない状況って、相当恐いですよ。自分が社会から外れてしまった感じがして、何をしても気持ちが浮いたまま。

人間失敗してから気づくことばかりですが、この時ばかりは本当に大きなミスをしでかしたと後悔しました

 

在職中に転職先を決めればリスクはゼロ

実は会社を辞める時、上司からこんな声をかけてもらったことを覚えています。

「次に働く会社は決まっているのか?」私はこの言葉を、単なる引き止めの言葉としてとらえていました。

 

自分にはこの会社で続けることはできないと決意していたので、すんなり聞き流していたんです。社会経験がある上司は、再就職先を見つけることの大変さを知っていたのかもしれません。

会社辞める時に最もリスクが低い辞め方は、次の会社を見つけてから辞めることです。

在職中に転職活動を行っても何ら問題はない。そもそも休むことを考えない人の場合、できるだけ退職してから次の会社で働くまでの空白期間を作らないようにするんですね。私はとにかく少し休みたいと考えすぎていたのが大きな原因でしょう。

休むにしても次の会社で内定を取ってから、休みを挟めばよかったんです。

 

休みたいなら転職を決めてからにすべき

会社によっては、内定後に次の会社で働き始めるまでに、少し休暇期間を挟むことを調整してくれる会社もあります。

そもそも人材を採用する時は、すこし長めに期間をもうけます。

急ぎで採用したい場合もありますが、短期間で欲しい人材が来る可能性は低いんです。

焦って人を採用しても仕事で役に立たなければ意味はない。

そういう意味では、内定までこぎつけた人材が1ヶ月休んでずれ込んだところで、そこまで影響はないということ。

どうしても休みを挟みたいのであれば、先に転職活動をしてから休んだ方がリスクはゼロですよね。

 

後悔が少ない

先に会社を辞めてしまうと、もう前に進むしかありません。

退職してから転職活動を始めてみると、前に勤めていた会社がどれだけ素晴らしいかがわかるかもしれません。もし在職中に転職活動していれば、この事実に気づくことができ、転職を思いとどまることもできます。

こういったリスクを少なくするためにも、転職活動は仕事を辞める前から始めるべきです。

会社を辞めたいと考えた時は、そればかりに頭がいっぱいで、同時に転職活動を進めるのは難しいです。

しかし、そこを踏ん張って調べて欲しいのです。退職してから復職となると、相当ハードルが高くなるからです。

転職した人が後悔している5つのこと。失敗から学ぶ後悔しない転職術

楽な仕事を探したい方はこちらを参考に。

楽な仕事17選!女性向け・精神的に楽な仕事を徹底解説!

 

在職中に転職先の会社を見つける方法

できるだけリスクを抑えるためにも、在職中から転職先の会社を探すべきです。

ただし、働きながらでは忙しさもあって1人では大変です。そんなときに頼りたいのが転職エージェントでの転職活動。担当者に裏でサポートしてもらいながら一緒に転職活動できるので、楽に転職活動できるんです。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-転職する前に考えること

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.