転職理由

転職を妻に反対された時に説得するための方法とは?

更新日:

転職する時のハードルとして、結婚している人は自分の奥さんを説得しなければいけません。

家族に黙って退職してもお金の面で困らないのであれば、そもそも転職について悩んではいないですよね。通常であれば、妻に転職することを伝えると、大体の場合反対されるでしょう。

「会社を辞めて次の見つかる保証なんてどこにあるの?」

「安定した仕事だから今の仕事をやめる必要なんてどこにもないじゃない」

嫁が話す内容の正論具合に、言い返すことができない人も多いですよね。

 

今回は、自分としては転職する決断ができているけれど、妻を説得することができないという人のために、うまく説得する方法についてお話ししていきましょう。

 

 

スポンサーリンク

転職に対する妻の不安とは?

まずは説得するために、転職することで反対する妻は何を考えているのかを知ることが重要になります。

 

家計の心配

基本的には、今の生活が継続できないことを恐れているんですね。つまり収入面の心配が一番大きな原因です。

共働きでなければ、旦那の収入がそのまま家庭の資金となります。そこが揺らぐわけですから、不安になって当然です。

  • 家のローン
  • 車の維持費
  • 食費・光熱費などの費用
  • 衣類や嗜好品の購入
  • その他の日常品の購入

こういったものを制限しなければいけなくなることを恐れているのです。

優しい奥さんであれば、生活水準が下がっても旦那さんが辛い思いをしているくらいなら、好きな仕事をすれば良いと言ってくれるかもしれません。それでも現実に食べていくことさえ苦しくなれば、夫婦関係は悪化していくことに間違いないです。

共働きせずに専業主婦として家庭に入っている立場の女性からすれば、これは当然の主張です。

 

社会的な地位の危惧

妻としての社会的な立場というものは、旦那の社会的地位に深く関係しています。

大企業に勤めていれば、それだけで世間的からの評価も高くなります。大企業でなくても、安定した仕事に就いていることで、それを支える妻としての役目を果たしている。

しかし、万が一再就職に失敗してしまえば、無職の夫を持つ妻となるわけです。近所のママ友たちにどんな目で見られるか、怖くて外にも気軽に出歩けないようになってしまうでしょう。生活レベルが下がると、すぐに周りにも気づかれます。転職先の会社のレベルが下がったことで収入面も低下し、お金に余裕がなくなったと思われてしまう。

そういう心配をしてしまうのもやむを得ないところでしょう。

 

夫自身を心配している

世間的な目よりも、やっぱり自分の夫のことを一番心配しているでしょう。

職場の環境が変わって、うまく適応することができるのか?慣れない仕事について、仕事がうまくいかないことで、ストレスを溜め込み体調を崩すかもしれない。

妻としてはどんな状況になっても構わないけど、転職によって夫自身が耐えられるのか?そこを心配しているわけです。

優しい妻を持つ旦那としては、自分自身が転職に対してどう考えているかをしっかりと伝えることも大切です。

自信を持って転職する姿を見れば、妻も安心して見守ることができるでしょう。

 

理想的な転職方法は在職中に転職先の内定を取ること

理想的な転職としては、今の仕事をしながら次の仕事の内定を取ることです。

次の仕事が確定していれば、給料も保証されているので生活水準が下がることはないでしょう。年収が下がると多少厳しくなるかもしれませんが、それも一時的なものです。

キャリアアップによって今後年収が高くなっていく可能性もありますし、転職をきっかけにいきなり年収が上がることもあります。

その場合であればむしろ転職は歓迎されるでしょう。

 

次の仕事が見つからないという不安がなければ、ほとんどの場合説得には成功するはずです。相手の不安をなくしてあげることが説得には重要なんですね。

ただし、在職中に転職活動をすることが難しい場合もあるかもしれません。

平日は仕事が忙しくてとてもじゃないけれど転職のための情報を探すことに使える体力も気力もない。

その場合は、休日に転職活動を進める方法があります。

休日は家族サービスをする約束をしているのであれば、そこに関してはちゃんと事情を説明して理解してもらって転職活動として協力してもらうべきです。それさえも理解してもらえないのであれば、すでに夫婦関係破綻しているでしょう。

勇気をもって話せばちゃんと理解してくれるはずです。

 

転職先の会社や仕事に対して反対された場合

転職するのは良いとしても、転職先の業界や職種について反対される場合もあります

一時的にその業界が魅力的に見えるだけで、将来的に安定していないような職業に就こうとしている。リスクがあることを分かっていないと、咎められる可能性もあります。自分でもそんな業界だとわかっているのであれば、しっかりとそのリスクを承知の上で、家族を危険にさらしてまで転職する価値があるのかどうか、確かめるべきではあります。

 

特に今の仕事が辛いという理由が強い場合、そこから逃げたいという気持ちが強すぎて、次に働く仕事について深く考えることができていないかもしれません。奥さんを説得する話が、正しいことも十分考えられます。

ただし、世の中にあるどんな会社や仕事であっても、なくなってしまうリスクがない仕事はありません。大企業でも倒産の危機を迎えて、早期退職を募ったり、大量解雇のリストラをしなければならない状況に、追い込まれる可能性もあるんです。何も考えずに飛び込むのは危険ですが、恐れすぎて行動できないのも良くないのかもしれません。

 

しっかりとリスクを考えることができているのであれば、ギリギリのラインを攻めることで、チャンスをつかむことができるかもしれません。その選択をするのであれば、成功すれば今の状況から、どんなメリットを手にすることができるのかまでを、しっかりと説明してあげましょう

リスクのことしか頭にないから反対するんです。成功した時の恩恵も伝えてあげることで、挑戦しようと思っていることを理解してもらえるでしょう。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-転職理由

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.