第二新卒の転職活動

第二新卒の退職理由の書き方と考え方とは?

更新日:

第二新卒ということで、一度入社した会社を退職しても学校を卒業してから3年以内の期間にある人になります。いずれにしても仕事をしていた期間としては短い。

つまり採用する側からすれば、何か問題がある人間かどうかを疑っているわけです。

 

もちろん第二新卒ということで、可能性は十分に秘めている人材が集まっていることは確かですが、中には採用すべき人材ではない人も混ざっているかもしれない。第二新卒の採用する判断として、そこを見極める必要があるということ。

応募する側の人間としては、採用すべきではない人材として扱われないように注意しなければいけない。そこで重要になってくるのが転職理由ですね。

基本的には、転職理由について語った内容で全てが決まるといっても言い過ぎではないんです。つまり問題となってしまう転職理由を相手に伝えてしまうと、その時点でNGになってしまうということ。仕事をする能力がきちんとあって、可能性も十分なのに、伝え方が下手なだけで選考から落ちてしまうのは非常にもったいないです。

 

今回は第二新卒の転職理由の書き方と考え方について、前職での問題点と改善ポイントをまとめる重要性について詳しく見ていきたいと思います。

 

 

スポンサーリンク

絶対に伝えてはいけない転職理由のNGパターン

書類選考を通過して面接の場面に行き着いたとしましょう。面接で必ず聞かれる質問として、「前職を辞めた理由についてお聞かせいただけますか?」という内容があります。

この質問に対して、「新卒で入社した会社が自分に合いませんでした。」こう答えると、あからさまにダメそうな感じが分かりますよね。

 

面接官としては、「ではうちの会社に入社しても合わない場合、退職するということですね?」と答えを返すでしょう。この質疑応答で悪い点は、「過去に起きた問題に対して自分がどう改善しようと考えているのか?」が何も伝わってこないことです。

基本的には退職理由は、そこまでパターンは多くありません。

会社の人間関係か、仕事内容が合わなかったか、自分の能力が足りていないことなど。それはこれまで何人も採用してきた担当の人事もよく分かっていることです。面接の場は、自分をアピールするための貴重な場面です。伝えている内容が真実であれ、あなたがどんな人間だったかしっかりと印象付けなければいけない。

「入った会社が自分に合わなかった」という内容だけだと、会社が合わないことで悩んでいる人間にしか映りません。

20代、30代、40代の転職理由まとめ!転職面接で伝える理由は変えるべき?

 

退職理由にはポジティブな内容を選択すべき

前の会社がどれだけ悪かったとしても、そのことを話しても意味はないんです。

その会社を選んだのは他でもないあなたです。人間関係の問題は、入社するまでわからないですが、自分には全く責任がなかったとは言い切れないでしょう。

それよりも今どんな気持ちで前を向いているのかを伝えるべきです。過去の過ちをしっかりと受け止めて自分なりにどんな改善をしたのか?面接官としてはそこが知りたいわけです。

 

初めて就職するにもかかわらず、あまり深く考えずに入社してしまったかもしれません。

しかしそこで問題が起きて仕事を辞めたくなった。そこから学べたことは、仕事内容も会社についてもしっかりと考えて選択する必要があるということ。

自己分析も行いながら、自分に合う仕事がどんな仕事なのかを働く前から調査して考え抜くことの重要性を知ることができた。そしてその選択として御社を応募した。こんな風に伝えれば、自発的に問題を認識して行動改善できる人間として判断されるでしょう。

それは実際の仕事の出来にも深く関係していることなので、評価が高くなることは間違いありません。

 

採用側も100%欲しい人材に出会えるわけではない

会社はあくまでビジネスの組織。仕事ができることが第一です。仲の良い人や明るい人間だけを集めることが目的ではないんです。

人間関係で問題を起こす様な人を採用するわけにはいきませんが、会社にとって業績を伸ばすために必要な人材であれば、採用したいに決まっています。

人材を募集してもパーフェクトな人が必ず応募してくるとは限らない

働いてもらうことに問題がない人であれば、積極的に採用したいんです。その線引となるのが、どのような人間かということ。第二新卒であれば仕事の経験はあってないようなものです。それでも新卒入社して働き続けている人間とそこまで大きな差もない。書類選考を通過している時点で、経歴としては問題ない。

 

後は面接での見せ方の勝負です。いかに自分をアピールできるかが重要で、そのための退職理由はしっかりと語れるようにしておきましょう。

 

第二新卒の転職活動における退職理由の一例

あくまで一例ですが、退職理由についての例文を掲載しておきましょう。

 

自分の経歴や経験に置き換えて、ポジティブになっている部分を見極めて、今まで書いてきたり伝えてきた退職理由を修正してみてください。

私は新しいことに挑戦したり触れることが好きで、仕事においても毎日同じことをするルーティンワークの仕事は苦手なタイプです。

しかし最初に就職した会社は、あまり深く考えずに決めたこともあって実際に働いてみると毎日同じ作業の繰り返し。先輩に話を聞いても何年働いても仕事の内容はほとんど変わらないという話でした。

そのことにショックを受けてこのまま仕事を続けていく自信がなくなってしまったんです。

今思い返してみると何も考えずに会社を選んでしまった事が問題でした。

仕事をすることに対して深く考えていなかったことを今では反省しています。

自分はルーティンワークの仕事が苦手だということをしっかりと認識して、日々新しいことを体験できるような仕事に携われないかと考えた結果、まったく別の業界ではありますが、これから成長していける仕事だと判断して転職採用の応募を決断しました。

 

自分の問題点をしっかりと認識して、それに対してどのようなアプローチをするのかがわかる内容になっていますよね。自分のことに置き換えてうまくアレンジして反映してみてくださいね。

第二新卒におすすめの転職エージェント6選【2018版】

 

転職のプロに転職理由を添削してもらう方法

転職理由を考える方法として、もう1つおすすめなのが転職のプロに実際に見てもらうことです。

転職のプロとは転職エージェントのことです。転職エージェントの担当者は、数多くの転職成功者の転職理由について熟知しています。

あなたの退職理由を見ても、すぐにどこが悪いか判断してくれることでしょう。

 

面接対応の悪い部分なども相談に乗ってもらうことができます。しかも無料で利用することができるので非常におすすめなんです。

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-第二新卒の転職活動

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.