転職理由

看護師に転職したけどすぐ辞めたい人が再就職する方法とは?

更新日:

看護師という職業は、下手をするとブラック企業とも比較できるほど、仕事の環境が悪いんです。過酷な労働環境に耐えきれずに、短期間で退職してしまう人も多い

せっかく資格を取って頑張って働いて行こうと思ったのに、退職することになると気持ちが落ち込みますよね。

ましてや、短期間で退職してしまったので、また同じ業界の別の病院で働くとしても、あなたに何か問題があるんじゃないかと思われてしまう。そんな不安を持っている人もいるでしょう。

 

今回は、看護師に転職したけどすぐ辞めたい人のために、再就職する方法について解説していきます。

 

 

 

スポンサーリンク

看護師から再就職する選択肢とは?

就職についてメモ帳でリストアップ

まずは、このまま看護師の仕事を続けたいのか?これを決断しなければ、話は進みません。

  • 看護師として同じ業界で働くのか?
  • 全く別の業界に再就職するのか?

選択肢は2つに1つです。同じ業界で働く場合は、これまでと違った病院やクリニックを探して、就職を決めることもできます。

 

そもそも一つ目に選んだ職場が、自分に合う可能性の方が低いと思いませんか?

これだけ数多くある病院などの中から、たまたま選んだところでうまく相性が合わなかったというだけです。たった一つの場所でうまくいかなかったからといって、その業界自体を諦めるのはもったいないですよ。

でも、看護師の仕事自体に疑問を持ってしまっているのであれば・・・。きっぱりと諦めて、別の仕事を探したほうが、結局は幸せに働けるでしょう。

 

看護師としての再就職を決める方法

同じ業界で看護師として再就職を決めたいのであれば、要は自分が働きやすい仕事場を探せば良いという事です。

自分が何が嫌でやめたのか?ここをしっかりと分析して、その問題が起きない仕事を選ぶこと。

 

例えば、上司となる人との関係がうまくいかずに、辞めてしまった場合。

  • 過去にそういった同じような問題で辞めている人がいないか、あらかじめ確認する。
  • 同じ看護師で働いている人に現場の状況をヒアリングする。
  • 労働時間に問題があって退職したのであれば、夜勤で働かなくても問題がない職場を探す。

こんな風に、同じ業界内でも労働環境自体は、良くすることができるはずです。

夜勤が辛すぎる理由と辞めたい時の対処法。夜勤の仕事を続けることのリスクとは?

 

雇う側の病院としても、すぐに辞められてしまうと人手不足になりますし、できるだけ労働条件の良い所で働いて欲しいと思っているはずです。

自分が求めるものをしっかりと持っていれば、マッチングする仕事場を探すことができるでしょう。

 

どういった看護師になりたいのか考えるべき

看護師として働くとしても、自分の中でどういったキャリアを進みたいかイメージがあると思います。

  • ただ患者さん一人ひとりに対してきちんと対応していければそれでいいという人。
  • 最終的には主任クラスを目指して、周りの人をまとめる立場になりたい人。
  • 大学病院などの大きな病院で働きたい人。
  • 小さなクリニックなどで細々と長く働き続けたい人。

どんどんとキャリアを積んで行きたい人は、たとえ夜勤になったとしても、仕事が評価されるのであれば問題ないと感じるはずです。

仕事ができるようになれば、年収もその分上がります。上を目指したい人は、自分の能力や知識を高めて、どんどんキャリアアップを目指すべきです。

 

そうではなくて、普通に土日の休日は休んで、働く時間も定時まででいい。キャリアを目指さなくても普通に働ければ問題ないという場合であれば、そういった職場を選ぶ必要があります。

看護師と言ってもその働き方は様々、自分がどういった働き方をしたいのかしっかりと考えておきましょう。

 

未経験の全く別の業種へ転職したい場合

もう看護師の仕事はやりたくないと言う人は、未経験であっても別の業界へ転職するべきです。

30代の前半であれば、たとえ未経験だったとしても別の業界で転職することはまだまだ可能です。これまで全く仕事の経験がない人に比べれば、職務経験があるだけで有利に立つことができます。

しかも看護師という仕事は国家資格を得ているので、しっかりと勉強してきた人という証。未経験の仕事に就いたとしても、すぐに仕事の内容を学習して仕事をこなすことができるようになるはずです。

採用する側としてもそういった認識を持っているので、内定されやすいということです。

参考⇒未経験でもIT業界へ転職できる!おすすめの理由とは?

 

再就職先の会社を探す方法

看護師として同じ業界でもう一度就職することを考えるのであれば、転職活動の方法を変える必要があります。今までと同じような探し方をしていても、また同じ問題が起こって退職することになる可能性が高いです。

 

転職活動の方法として、サイト上で自分の経歴を登録して声がかかるのを待つ方法もあります。ですが、それよりも積極的な方法として、転職エージェントと一緒に活動する方法があります。

 

転職エージェントは、求人サイトに載っている情報よりも詳しい情報を提供してくれて、通常では見えないような情報を手に入れることができます。

実際に働いている現場の雰囲気だったり、労働環境や具体的な仕事内容も、採用する側の会社から情報を引き出して教えてもらうことができます。

書類作成についてわからないことや、面接における不安な点などについてもエージェントに相談することができるので、転職活動における不安な要素がすべて解決されるはずです。

転職活動は自分一人で行うとどうしても不安になってしまう。そのことで本来の自分が出せなくなってしまって、面接で落とされる人も意外と多いですよね。

 

転職先を本気で探したい人におすすめのエージェント

・DODA - ⇒転職成功の秘訣は、サイトに公開されない求人にあった。
・リクルートエージェント - 業界最大級の非公開求人数!転職支援実績は累計41万1,000名以上。⇒【リクルートエージェント】
・マイナビジョブ20's - 20代第二新卒専門の転職におすすめ!⇒20代専門第二新卒の転職ならマイナビジョブ20's!!

 

まとめ

同じ業界で働くにしても、全く別の業界で働くとしても、これまで看護師として働いてきたキャリアは自分の価値のある実績です。

たとえ短期間で退職することになったとしても、他の仕事に比べてハードルの高い道を選んできた。

その自信を持っていれば、また同じ業界で働くにしても、別の業界で働くにしても成功できるはずです。

 

やめてしまったことをいつまでも考えても仕方がない。それよりも前を向いて、次の仕事でより良い環境で働くことができたら、結果的にはすべてよかったと思えるはずです。

自分に合った仕事場を見つけて、再就職を成功させましょう!

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-転職理由

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.