転職理由

試用期間中に退職したいときの切り出し方とは?退職理由や履歴書への影響などを徹底解説!

更新日:

入社して間もない試用期間なのに仕事を辞めたくなった・・・。

おいおいとツッコミたいところですが、私も最初に入った会社で2日目で辞めたくなりました(笑)

絶対辞めてやると思いながら、ずるずる数年働いてから辞めたんですが、結果的にはもっと早く辞めていれば良かったです。

 

研修期間の途中にもかかわらず、仕事を辞めることのメリットとデメリットとはどんなものなのか?

辞める時の退職理由や、履歴書への影響などについて詳しく解説していきます。

 

 

スポンサーリンク

試用期間中に仕事を辞めるときの切り出し方

基本的には研修期間中に辞めるのはイメージが悪いでしょう。

でも、一度自分の中で考えてしまったのであれば、もうその会社にはいたくないはずです。悩むだけ時間の無駄なんです。

つまり、試用期間であっても、できるだけ早く辞めるための行動を起こすべき

 

会社にとって試用期間は保険のようなもの

会社にとっても試用期間って、保険のようなものなんです。

だって、雇った新人が絶対に辞めないのであれば、そもそも試す必要がないですからね・・・。

試用期間って、給料が出なかったり、安い給料に設定されているはずです。これは、万が一の場合、自分たちが雇いたくない人材かもしれない。すぐに辞めてしまう人材かもしれない。そういったことを見極める期間なんです。

だからこそ、試用期間に辞めることは何の問題もありません。

 

退職届を出せばすぐにでも退職できる

会社員が辞める場合、通常であれば退職届を提出します。試用期間であっても、同じように退職届必要な会社もあります。

でも、入社してから一週間たっていないような短期間であれば、口頭で伝えるだけで良い場合もあるでしょう。

会社によって異なるため、確認すべきですが、上司に直接聞くのが無理であれば、事務の人に相談してみる。それも無理なら、少し面倒ですが退職届なんて簡単に書けるので、形式張ってはいますが退職届を提出しましょう。

後は流れるように、退職まで持っていくことができるはずです。

 

試用期間中の退職理由

試用期間中の退職理由も、いくらでも思いつくことができますよ。

実際に会社に来て働いてみたけれど、自分には合わなかった。業種や職種が自分に合っていなかった。もっと単純に、一身上の都合でもいいんです。

どうせ試用期間中であれば、短期間の付き合いでしかないですよね。

会社の人に迷惑だとか、そんなことは考えなくていいんです。

1年、2年と働いてから退職されるより、よっぽど会社にとってもメリットが大きいでしょう。

 

短期間での退職による履歴書への影響は?

試用期間中という短期間で会社を退職した。このことが履歴書にとってマイナスだと考える人は多いです。

しかし、マイナス面ばかりではないですよ。

 

研修中の退職というのは、考え方を変えれば研修期間での短い間に、自分に合わないと気づくことができたということ。

転職活動は、その姿勢によって印象が大きく変わります。

なにごとも、ポジティブに考えることが大切。あなたが採用担当だとして、鬱屈した人間が面接に来るのと、明るく前向きな人間が来るのと、どちらを採用したいか考えればわかるはずです。

 

要は伝え方次第ということ

一般的な会社に比べてあまりにもひどいブラック企業のような会社だったのであれば、転職活動にはむしろプラス。そのひどさを嘘偽りなく話せば、話も盛り上がるかもしれませんね。

自分でしっかりとおかしいと思うことができて、そこから抜け出す勇気を持っているということですし、若ければまだまだ育てがいのある貴重な人材。

その状況まで持っていけば、どうとでもなります。

 

転職活動のための情報を集めておく

ひとまず研修中で仕事を辞めるかは置いておくとしても、いざどうしても我慢できなくなったときのために、転職活動がどんなものか調べておくことは重要。

追い詰められて精神的にうつになってしまうと行動する気力もなくなります。

 

就業規則で禁止されていなければ、働きながら転職活動することはできます。念のため就業規則は確認しておきましょう

会社によって違いますが、勤務時間中に転職活動するのはNGです。今の仕事を疎かにすると、最悪懲罰解雇される可能性もあります。

研修中だとその可能性も低いですが、あなどらないようにしましょう。特に会社がひどくて研修中にやめたくなった場合は、その危険性が高い会社と言えます。

 

やるとしても仕事が終わった後か、自宅のPCを利用しましょう。パソコンの履歴は会社に記録されていることもあるので、証拠としてあげられると逃げようがないです。

自分に合った会社があれば情報を集めておくことで、すぐに動ける準備もできます。そこまで一気に進めないとしても、いきなり転職のための準備を一気にやるのは大変。

すこし先にどんなものなのか確かめておくと、転職のハードルもどんなものかわかって気持ちが楽になります

登録しておくだけでも随分違いますよ。

 

研修期間だけ頑張って乗り越えるのも1つの方法

もうこの先今の会社に勤め続ける気が全くないとしても、研修期間だけ頑張って乗り切るというのもう一つの方法です。

なぜなら中途半端に研修を止めてしまうと、また転職先で研修を受けなければいけないからです。

 

転職先の会社としても研修コストをかけなければいけないとなると、少し懸念される可能性はありえます。研修期間が終わったまっさらな人材であれば、むしろ有り難いということも考えられます。

最低限の社会人マナーや、ビジネススキルだけ身につけてから転職できるならその方が良い。研修を受けなくても自分で最低限の知識やマナーを身につけることができるのであれば、それはしっかり伝えれば問題は起きないでしょう。

 

そこは伝え方次第です。研修がだらだらと続いていたので、自分で学習できると思ってすぐに別の会社に移ろうと考えたと言われればプラスのイメージですよね。

なんにせよ中途半端にならないようにだけは注意しておきましょう。

 

第二新卒期間中であれば、チャンスはかなり大きい

研修期間中の人の中には、新卒で入社した人や、学校を卒業してからまだ間もない人もいるかもしれません。

学校を卒業してから3年以内程度の期間であれば第二新卒としての扱いを受けることができます。

 

第二新卒はまだまだ将来性が期待できる貴重な存在。

たまたま1つの会社と合わないからといって、そのままブラック企業に流れ着くくらいなら、うちの会社にぜひ欲しいという会社は多数存在します。

大手企業であっても、第二新卒には力を注ぐほど。

もしあなたが第二新卒であれば、その有利になれる方法で転職活動した方が、より待遇の良い企業で内定の確率を高めることができるでしょう。

第二新卒におすすめの転職エージェント6選【2018版】

 

関連コンテンツ

人気記事

1

30代の特に前半は、かなり転職を考える人が多い。 もちろん大学卒業後に就職してすぐに転職する人もいますが、ある程度の期間がんばって同じ会社で仕事を続けてみたけど、転職を考える人も多いのが現状。 なかな ...

2

20代での転職は、人によっては早すぎるというイメージはあるかもしれません。 ただし、早ければ早いほどそのメリットも大きなもの。 20代での転職についてくる大きなメリットをしっかりと認識しておくことで、 ...

3

一度就職したけれど、仕事を辞める事になってしまった第二新卒の人。まだまだ若いとはいえ、やっぱり仕事をしていない状態は少し不安ですよね。 次の仕事を決めれるのかどうか?そして次の就職先でまた同じような問 ...

-転職理由

Copyright© 転職活動のためのおすすめ支援情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.